お急ぎの方は
お電話でお問い合わせください。

072-653-5060
LINEで簡単お見積り
当社へのアクセス

お車の凹み修理をお考えの方へ

Column

車の鈑金塗装における色合わせの秘訣

車の鈑金塗装において、色合わせは非常に重要かつ難易度の高い作業です。色の微妙な違いが全体の仕上がりに大きな影響を与えるため、専門的な技術と知識が必要とされます。鈑金塗装を行う際には、元のボディカラーと完全に一致する色を再現することが求められますが、これが非常に困難である理由を詳しく説明します。

色合わせには、塗料の種類や特性、塗布の方法、乾燥時間など、さまざまな要素が関わっています。塗料には水性塗料や溶剤系塗料があり、それぞれ異なる特性を持っています。これらの塗料を適切に選び、使用することで、元のボディカラーに近い色を再現することが可能になります。また、塗布の方法や乾燥時間も色に大きな影響を与えるため、正確な管理が必要です。

さらに、色見本を使った調色や現場での微調整も重要なプロセスです。色見本を使用することで、元の色に近い塗料を調整しますが、実際の光の当たり方や周囲の環境によって色が変わることがあります。そのため、現場での微調整が欠かせません。これにより、完璧な色合わせが可能になります。

電気自動車の普及に伴い、新しい素材や塗料が登場しています。これにより、鈑金塗装の技術も進化しており、色合わせの方法も変わりつつあります。未来の色合わせ技術がどのように発展していくのか、非常に興味深いです。現在の技術と知識を駆使し、完璧な色合わせを目指すことが求められます。

鈑金塗装の重要性と色合わせの難しさ

色合わせの基本原理

車の鈑金塗装は、車両の美観を保ち、価値を維持するために欠かせない重要な作業です。事故や経年劣化によるダメージを修復する際、元のボディカラーと完全に一致する色を再現することが求められますが、これが非常に難しい作業です。鈑金塗装の現場では、色の微妙な違いが全体の仕上がりに大きな影響を与えるため、専門的な技術と経験が必要とされます。塗料の選定、塗布の方法、乾燥時間の管理など、多くの要素が色合わせに関わってくるのです。

色合わせの基本原理は、まず塗料の種類と特性を理解することから始まります。水性塗料や溶剤系塗料など、それぞれ異なる特性を持つ塗料を適切に選び、使用することが重要です。次に、塗料の調色が行われますが、これは色見本を使って行います。色見本は、元のボディカラーに最も近い色を再現するための指標となります。しかし、実際の塗装現場では、光の当たり方や周囲の環境により色が変わることがあるため、微調整が必要です。

乾燥時間も色合わせに大きく影響します。塗料が乾燥する過程で色が変わることがあるため、正確な乾燥時間の管理が求められます。これにより、塗料の色が安定し、元のボディカラーに近い仕上がりを実現することができます。色合わせは、技術と経験の積み重ねが必要であり、鈑金塗装のプロフェッショナルたちが日々研鑽を積んでいる分野です。

現代の自動車技術の進化に伴い、電気自動車など新しい車両が増えてきています。それに伴い、新しい素材や塗料も登場しており、これまでとは異なる色合わせの技術が求められることも増えています。未来の色合わせ技術がどのように発展していくのか、非常に興味深い分野です。これからも進化する技術とともに、完璧な色合わせを追求することが求められます。

塗料の種類と特性

車の鈑金塗装は、車両の外観を保ち、損傷を修復するために重要な役割を果たします。特に、事故や日常の使用によるキズやへこみを修理する際には、元のボディカラーと完全に一致する色を再現することが求められます。この色合わせの作業は、非常に高度な技術を必要とし、専門的な知識と経験が求められます。鈑金塗装の職人は、色の微妙な違いが全体の仕上がりに大きな影響を与えることを理解しており、正確な色合わせを実現するために多くの努力を重ねています。

色合わせの基本的なプロセスには、塗料の種類と特性を理解することが不可欠です。塗料には大きく分けて水性塗料と溶剤系塗料があり、それぞれ異なる特性を持っています。水性塗料は環境に優しく、低VOC(揮発性有機化合物)であるため、環境規制が厳しい地域では主流となっています。一方、溶剤系塗料は乾燥が早く、耐久性が高いという利点があります。これらの特性を踏まえ、修理箇所や車両の使用環境に応じて最適な塗料を選択することが重要です。

塗料の調色には色見本を使用しますが、実際の作業現場では、光の当たり方や周囲の環境によって色が変わることがあります。そのため、色見本だけに頼るのではなく、現場での微調整が必要です。この微調整は、職人の経験と直感が重要な役割を果たします。例えば、屋外での作業と室内での作業では光の条件が異なるため、塗料の見え方も変わります。これを考慮して、適切な調整を行うことで、より正確な色合わせが可能になります。

さらに、塗料の乾燥時間も色合わせに影響を与えます。塗料が乾燥する過程で色が変わることがあるため、正確な乾燥時間の管理が必要です。適切な乾燥時間を確保することで、塗料の色が安定し、元のボディカラーに近い仕上がりを実現できます。このように、色合わせは技術と経験の積み重ねが求められる高度な作業です。

現代の自動車技術の進化に伴い、電気自動車や新しい素材が増えてきており、それに伴う塗装技術の進化も求められています。新しい素材や塗料が登場する中で、これまでの経験を基にした技術の向上と新しい知識の習得が不可欠です。未来の鈑金塗装における色合わせ技術がどのように発展していくのか、興味深い課題です。

乾燥時間と色の変化

車の鈑金塗装は、車両の美観と価値を維持するために非常に重要な役割を果たします。事故や日常の使用によって発生するキズやへこみを修復する際、元のボディカラーと完全に一致する色を再現することが求められます。しかし、この色合わせの作業は高度な技術と経験を必要とし、特に乾燥時間が色に与える影響を正確に理解し管理することが不可欠です。

乾燥時間は塗料の色味に大きく影響を与えます。塗料が乾燥する過程で微妙に色が変わることがあるため、塗装工程では正確な乾燥時間を守ることが求められます。例えば、同じ塗料でも乾燥が早すぎると色が薄くなり、逆に乾燥が遅すぎると色が濃くなる場合があります。このため、塗装職人は環境条件や塗料の特性に応じて適切な乾燥時間を設定し、管理する技術が求められます。

また、環境条件も乾燥時間に影響を与えます。湿度や温度が高いと乾燥が遅くなり、逆に低いと乾燥が早まります。このため、季節や天候に応じて乾燥時間を調整することが必要です。実際の現場では、湿度計や温度計を使って環境条件を常にチェックし、最適な乾燥時間を設定しています。

鈑金塗装における色合わせの難しさは、単に塗料の調色だけでなく、乾燥時間を含めた全体のプロセスを正確に管理することにあります。技術と経験の積み重ねが求められるこの作業は、プロフェッショナルな職人によって初めて完璧な仕上がりが実現されるのです。これからも新しい技術や知識を取り入れながら、常に最高の仕上がりを目指していくことが求められます。

実際の色合わせの工程

色見本を使った調色の方法

実際の色合わせの工程では、色見本を使った調色が重要なステップとなります。色見本は、元のボディカラーに最も近い色を見つけるための指標です。調色の方法は、まず車の現状の色を正確に確認し、その色に最も近い色見本を選びます。選んだ色見本を基に、塗料を調合していきますが、この作業には細心の注意が必要です。

色見本を使った調色は、単に色を混ぜるだけではありません。元の色と完全に一致させるために、微妙な調整が必要です。例えば、少しずつ異なる色を加えて微調整を行い、光の当たり方や角度によって見え方が変わることも考慮します。この過程で、職人の経験と技術が重要となります。塗料の混ぜ方や順序、混ぜる時間など、細かな点に気を配りながら調色を進めます。

特にメタリックカラーやパールカラーの調色が難しいことが多いです。これらの色は光の反射や屈折によって見え方が変わるため、色見本だけでなく実際の車の色を何度も確認しながら調色を行います。特に屋外での自然光の下での確認が重要で、室内の人工光だけでなく、自然光の下で色がどのように見えるかを確認することが大切です。

調色が終わった後は、実際に小さなパネルに塗布して乾燥させ、元の車の色と比較します。ここで色の違いがある場合は、再度調色を行います。この工程を繰り返すことで、最終的に元のボディカラーに最も近い色を再現することができます。

このように、色見本を使った調色は非常に精密で慎重な作業です。職人の経験と技術が光る場面でもあり、完璧な色合わせを実現するためには多くの努力と知識が必要です。車の美観を保ち、修理箇所が目立たないようにするためには、この調色工程が成功の鍵となります。

現場での微調整の技術

実際の色合わせの工程では、現場での微調整が非常に重要です。色見本を基に調色を行っても、実際の環境や光の条件によって色が異なって見えることがあります。これを考慮し、現場での微調整を行うことで、元のボディカラーにより近い色を再現します。

まず、現場での微調整の技術には、光の当たり方を考慮することが含まれます。自然光と人工光の違いにより、色の見え方は大きく変わります。特に屋外での作業では、太陽光の下で車の色を確認し、必要に応じて塗料の調整を行います。これは、人工光では確認できない微妙な色の違いを見極めるためです。

さらに、塗料の濃度や塗布の厚さも微調整の対象です。塗料が薄すぎると色が明るくなり、濃すぎると暗くなります。塗布の厚さを均一に保つことで、色ムラを防ぎ、正確な色合わせが可能になります。実際に塗布する前に、小さなパネルでテスト塗装を行い、その結果を元に調整を繰り返します。

環境条件も考慮します。湿度や温度が変わると、塗料の乾燥時間や色の発色に影響を与えます。湿度が高い日は塗料が乾きにくくなり、色が濃くなる傾向があります。逆に、湿度が低いと乾燥が早まり、色が薄くなることがあります。これらの条件を考慮して塗料の配合や乾燥時間を調整することで、より正確な色合わせが可能になります。

また、塗料の調合においても微調整が行われます。色見本を基に調合しても、微妙な色の違いを修正するために少量の異なる塗料を加えることがあります。これにより、光の当たり具合や周囲の環境に応じた最適な色を実現します。

このように、現場での微調整は、塗装工程の最終段階であり、完璧な仕上がりを目指すために欠かせない作業です。車の美観を保ち、修理箇所が目立たないようにするためには、この微調整の技術が非常に重要です。色合わせの成功には、技術と経験の積み重ねが求められます。

色合わせの技術と経験の重要性

経験がもたらす精度の向上

色合わせの技術と経験は、車の鈑金塗装において極めて重要です。色合わせは単に塗料を混ぜるだけではなく、微妙な色の違いを見極め、調整する高度な技術が求められます。職人の経験が色合わせの精度を大きく向上させる理由を考えてみましょう。

まず、色見本を使った調色では、元のボディカラーと一致する色を見つけるための微調整が欠かせません。経験豊富な職人は、過去の経験に基づいて、どの色をどれだけ加えるとどのような変化が起きるかを直感的に理解しています。この直感は、長年の実践によって培われたものであり、新米の職人にはなかなか得られないものです。例えば、微妙な色の違いを見分ける能力や、光の当たり具合によって色がどのように変わるかを瞬時に判断する能力は、経験を重ねることで身に付くものです。

また、現場での微調整でも経験が重要です。環境条件が異なる中での塗装作業では、湿度や温度が色の発色に影響を与えます。経験豊かな職人は、これらの環境条件に応じた調整を迅速かつ正確に行うことができます。例えば、湿度が高い日は乾燥時間を延ばす、逆に湿度が低い日は乾燥時間を短縮するなどの調整が必要です。これらの判断は、実際の現場での経験に基づいて行われるため、職人の経験が色合わせの精度に直結します。

さらに、塗料の特性を理解することも重要です。塗料には水性塗料や溶剤系塗料があり、それぞれの特性を理解して適切に使い分けることが求められます。経験豊富な職人は、どの塗料がどのような条件下で最適に発色するかを熟知しており、それを実践に応用します。

このように、色合わせの技術と経験は切り離せない関係にあります。職人が長年にわたり培ってきた経験は、色合わせの精度を高める上で不可欠な要素です。正確な色合わせを実現するためには、技術だけでなく、豊富な経験が求められるのです。

具体的なエピソードと実例

色合わせの技術と経験の重要性は、多くの具体的なエピソードや実例からも明らかです。ある日、修理のために持ち込まれた車は、特に複雑なメタリックカラーでした。このような色は光の反射や角度によって見え方が変わるため、色合わせが非常に難しいのです。

まず、色見本を使って元の色に近い塗料を選び出しました。しかし、実際に塗布してみると、日光の下では微妙に異なる色に見えました。ここで職人の経験が活きる場面です。塗料の微妙な調整を繰り返し行い、光の当たり方や角度を考慮しながら色を調整しました。最終的には、元の色とほとんど区別がつかないレベルまで仕上げることができました。

別のエピソードでは、特殊なパールカラーの車が持ち込まれました。パールカラーは、層になった塗料が光を反射して独特の輝きを出すため、色合わせが非常に難しいです。ここでも職人の技術と経験が重要でした。塗料の層を一つ一つ丁寧に重ね、光の反射具合を確認しながら調整しました。この作業は時間と手間がかかりますが、経験豊富な職人であればこそ、最適な方法を見つけ出し、完璧な仕上がりを実現することができました。

また、湿度や温度といった環境条件も色合わせに影響を与えます。ある夏の日、湿度が非常に高く、塗料の乾燥時間が通常よりも長くかかる状況でした。職人はこの状況を見越して、乾燥時間を調整し、色が変わらないように細心の注意を払いました。このような調整は、経験を積んだ職人だからこそできるものです。

これらの具体的なエピソードからも分かるように、色合わせには技術だけでなく豊富な経験が不可欠です。経験を積むことで、どのような状況でも適切に対応し、完璧な色合わせを実現することができるのです。職人の技術と経験があって初めて、車の美観を保つことができるのです。

■高速乾燥技術とその利点

乾燥時間短縮による作業効率の向上

高速乾燥技術は、車両の鈑金塗装業界に革新をもたらしています。従来の乾燥方法では、塗料が完全に乾燥するまでに数時間から数日かかることがありました。このため、作業の進行が遅れ、生産効率が低下することがしばしば見られました。しかし、高速乾燥技術の導入により、塗料の乾燥時間が大幅に短縮され、作業効率が飛躍的に向上しました。

この技術は、特に多忙な現場でその威力を発揮します。例えば、同じ日に複数の車両の塗装を行う場合、乾燥時間の短縮により、次の作業に迅速に移ることができます。結果として、1日の作業量が増え、納期の短縮が可能になります。これにより、顧客満足度も向上し、リピーターの獲得や新規顧客の増加につながります。

高速乾燥技術は、温度と湿度の管理を高度に制御することで実現されます。専用の乾燥ブースや機器を使用することで、塗料の乾燥プロセスを最適化し、短時間で均一に乾燥させることが可能です。この技術により、作業環境も改善され、職人の負担が軽減されます。

環境への配慮も重要なポイントです。高速乾燥技術は、エネルギー消費を効率化し、環境負荷を軽減する効果もあります。これにより、持続可能な作業環境が実現され、企業の環境対策にも貢献します。

高速乾燥技術の導入は、鈑金塗装業界にとって大きな利点をもたらします。作業効率の向上、品質の改善、環境負荷の軽減といった多くのメリットを享受できるため、今後ますます普及が期待されます。この技術の進化により、鈑金塗装の未来はさらに明るいものになるでしょう。

塗装品質の向上と環境への影響の軽減

高速乾燥技術は、塗装品質の向上と環境への影響の軽減に大きな役割を果たします。従来の乾燥方法では、塗料が完全に乾燥するまでに時間がかかり、その間に塗料の流れやムラが発生することがありました。しかし、高速乾燥技術の導入により、塗料が短時間で均一に乾燥するため、仕上がりの品質が飛躍的に向上します。均一な乾燥により、色ムラや気泡の発生を防ぎ、美しい仕上がりを実現します。

高速乾燥技術は、特にメタリックやパールなどの特殊塗料の品質向上に寄与します。これらの塗料は光の反射や屈折によって見え方が大きく変わるため、乾燥プロセスが均一であることが重要です。高速乾燥技術は、温度や湿度を高度に制御することで、最適な乾燥環境を提供し、塗料の特性を最大限に引き出します。この結果、塗装面の美観が保たれ、長期間にわたって高い品質を維持することができます。

環境への配慮も、高速乾燥技術の重要な利点の一つです。従来の乾燥方法では、長時間にわたるエネルギー消費が課題となっていました。高速乾燥技術は、乾燥時間を大幅に短縮することでエネルギー効率を向上させ、エネルギー消費を削減します。これにより、二酸化炭素排出量が減少し、環境負荷が軽減されます。

また、高速乾燥技術は、低VOC(揮発性有機化合物)塗料の使用にも適しています。低VOC塗料は環境に優しい反面、乾燥が遅くなる傾向がありますが、高速乾燥技術を用いることで、この問題を解決できます。結果として、環境に配慮しながら高品質な塗装を実現することが可能になります。

このように、高速乾燥技術は塗装品質の向上と環境への影響の軽減を両立させる重要な技術です。未来の塗装技術の発展において、ますますその重要性が増すことでしょう。

■電気自動車と色合わせの未来

新しい素材と塗料の登場

電気自動車の普及が進む中で、色合わせの技術も新たな挑戦を迎えています。電気自動車は従来のガソリン車とは異なる素材が使用されることが多く、これが色合わせに大きな影響を与えています。例えば、軽量で強度の高いアルミニウムやカーボンファイバーなどの新素材が車体に使用されることが増えています。これらの素材は、従来の鉄やスチールとは異なる特性を持っているため、塗料の密着性や発色に影響を与えることがあります。

新しい塗料の登場も、色合わせの未来に影響を与えています。環境への配慮から、水性塗料や低VOC(揮発性有機化合物)塗料の使用が増えています。これらの塗料は従来の溶剤系塗料とは異なる特性を持ち、乾燥時間や発色が変わるため、色合わせの技術もそれに合わせて進化する必要があります。例えば、水性塗料は環境に優しい反面、乾燥が遅く、塗布後の色の変化が大きいため、調整が難しくなることがあります。

電気自動車の外装には、メタリックやパール、マット仕上げなど、様々な特殊効果を持つ塗料が使用されることが多いです。これにより、光の反射や屈折による色の見え方が大きく変わるため、従来以上に精密な色合わせが求められます。例えば、パール塗料は光の角度によって色が変わるため、実際の使用環境をシミュレーションしながら調整する技術が必要です。

また、電気自動車の進化に伴い、自動車メーカーは新しいデザインやカラーバリエーションを提供しています。これに対応するために、鈑金塗装の現場でも最新の技術と知識を習得し続けることが求められます。例えば、特殊な塗料を使用した車両の色合わせには、専門的な知識と経験が不可欠です。最新の塗装技術を駆使し、車両ごとに最適な色合わせを実現することが重要です。

このように、電気自動車の普及とともに新しい素材や塗料が登場し、色合わせの技術も進化しています。これからも新しい挑戦を迎える中で、常に最適な色合わせを追求することが求められます。

未来の色合わせ技術

電気自動車の普及とともに、色合わせの技術も急速に進化しています。未来の色合わせ技術は、より正確で効率的な方法を提供することを目指しています。その一つがデジタルカラー測定技術の導入です。この技術では、デジタルカラーメーターを使用して、車両の現状の色を正確に測定し、データを基に最適な塗料を選定します。これにより、人間の目では検知しにくい微妙な色の違いをも捉えることができ、より正確な色合わせが可能になります。

また、人工知能(AI)を活用した調色システムも注目されています。AIは過去のデータと現在の測定データを比較分析し、最適な色の配合を自動で提案します。これにより、調色作業が迅速化され、職人の経験に頼らずに高精度な色合わせが実現できます。さらに、AIは環境条件や塗料の特性も考慮に入れて調整を行うため、一貫した品質を保つことが可能です。

加えて、バーチャルリアリティ(VR)技術も色合わせの未来に影響を与えています。VRシミュレーションを使用することで、実際の光条件や視点から車両の色を確認でき、塗装前に仕上がりを予測することができます。これにより、塗装のやり直しを減らし、効率的に作業を進めることができます。

ナノテクノロジーを応用した新しい塗料も開発されています。これらの塗料は、従来の塗料よりも薄く、耐久性が高い特性を持っています。また、ナノ粒子が光の反射を調整することで、より鮮やかで均一な色を実現します。これにより、色合わせの精度が向上し、車両全体の美観を保つことができます。

さらに、持続可能な開発目標(SDGs)に基づく環境に優しい塗料の開発も進んでいます。これらの塗料は低VOCでありながら、従来の塗料と同等の発色と耐久性を持っています。環境負荷を減らしつつ、高品質な色合わせを実現することが求められています。

未来の色合わせ技術は、デジタル、AI、VR、ナノテクノロジーなどの先端技術を活用し、より高精度で効率的な方法を提供することで、電気自動車の美観と価値を保つことに貢献します。

まとめ

板金塗装における色合わせは、自動車の美観を保つために非常に重要な作業です。特に事故や日常使用によるキズやへこみの修復時に、元のボディカラーと完全に一致する色を再現することは高度な技術と経験が求められます。この技術は塗料の種類、乾燥時間、環境条件など多くの要素に依存しており、職人の技術と経験が不可欠です。

まず、色合わせの基本原理として、塗料の種類とその特性を理解することが重要です。水性塗料や溶剤系塗料など、それぞれ異なる特性を持つ塗料を適切に選び、使用することで元のボディカラーに近い色を再現することが可能です。また、乾燥時間が色に与える影響も大きく、適切な乾燥時間を管理することで、色ムラを防ぎ美しい仕上がりを実現します。

実際の色合わせの工程では、色見本を使用して元の色に近い塗料を選び出し、微調整を行います。現場では、光の当たり方や周囲の環境に応じて塗料の調整を行うことが求められます。特にメタリックカラーやパールカラーなど、特殊な塗料の場合は、光の反射や屈折による色の変化を考慮しながら調整する必要があります。

色合わせの技術と経験の重要性は、具体的なエピソードからも明らかです。例えば、乾燥時間の微調整や環境条件の管理を通じて、塗装の品質が大きく向上することが確認されています。職人の経験が精度の向上に大きく寄与し、技術の進歩とともに色合わせの精度も高まっています。

電気自動車の普及に伴い、新しい素材や塗料が登場し、色合わせの技術も進化しています。未来の色合わせ技術として、デジタルカラー測定や人工知能(AI)を活用した調色システム、バーチャルリアリティ(VR)技術、ナノテクノロジーを応用した塗料などが注目されています。これらの技術は、より正確で効率的な色合わせを可能にし、環境負荷の軽減にも寄与します。

高速乾燥技術の導入により、塗装品質の向上と作業効率の向上が期待されます。短時間で均一に乾燥させることで、色ムラや気泡の発生を防ぎ、美しい仕上がりを実現します。また、乾燥時間の短縮により、エネルギー消費が削減され、環境負荷が軽減されます。

このように、板金塗装における色合わせの技術は、日々進化しています。技術と経験を融合させた高度な色合わせは、自動車の美観を保ち、長期間にわたり高品質な仕上がりを維持するために不可欠です。未来の技術の進展により、ますます高精度で効率的な色合わせが実現されることが期待されます。

 

よくある質問

Q.事前の見積は可能ですか?
A.はい可能です。
お見積りは無料で行っていますのでお気軽にご相談ください。
LINEでもご相談いただけます。
※車検証のお写真もご一緒にお送りください。

Q.代車は借りれますか?
A.はい可能です。
無料でお貸ししておりますのでお気軽にご相談ください。
お車をお預かりしている期間中に代車が必要な方は、事前にお伝えいただけますとスムーズにご案内可能です。

Q.車検はお願いできますか?
A.はい可能です。
最短2日の車検も承ります。お車の整備点検等も実施いたしますのでご安心ください。「車検証」「自賠責保険証」「自動車税納税証明書」「認めの印鑑」を必ずご持参ください。

Q.修理に納得いかなかった場合はどうなりますか?
A.万一不具合がございましたら修理後3年間保証いたします。
なお、車両保有者に変更があった場合は、その時点で保証補効力は失効いたします。詳しくはお気軽にご相談ください。

店舗概要

店舗名・・・ Body Shop Honda
所在地・・・〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
電話番号・・・ 072-653-5060

会社概要

Company

会社名 有限会社ボディショップホンダ
(Body Shop Honda)
管理代表者 本田 貴宏
所在地 〒566-0052
大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
TEL & FAX 072-653-5060 
※不在時は携帯電話に転送いたします
当店への営業電話はお控えください。
アドレス info@bsh.osaka
営業時間 9:00~19:00
定休日 不定休(土日祝 対応可)
お支払い 各種クレジットカードをご利用いただけます
URL https://bsh.osaka/
BODY SHOP HONDA

国産車・輸入車の凹み修理、板金塗装、カーコーティングのことなら、
私たちボディショップホンダへご依頼ください

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可) 072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可)

LINE友だち登録で簡単お見積も行っております

Lineで簡単お見積を依頼する Lineで簡単お見積を依頼する

2022- Copyright Body Shop Honda. All rights reserved.