お急ぎの方は
お電話でお問い合わせください。

072-653-5060
LINEで簡単お見積り
当社へのアクセス

お車の凹み修理をお考えの方へ

Column

車の板金塗装で経年劣化に立ち向かう!自動車の美観を保つ秘訣とは?

車を所有する喜びの一つは、その美しい外観を長く保つことにあります。しかし、時間の経過とともに、自動車は避けられない経年劣化に直面します。特に外装の状態は、車の印象を大きく左右する要素です。色あせ、小さな傷やへこみは、愛車の魅力を損なうだけでなく、放置することでさらなる損傷の原因ともなり得ます。ここで重要な役割を果たすのが、板金塗装です。板金塗装は、車の外装を修復し、新車時の輝きを取り戻すための最適な方法の一つです。しかし、多くの車所有者にとって、板金塗装のプロセスや、それが車にどのような影響を与えるのかは、なかなか理解しにくいものです。

この記事では、自動車の板金塗装に関する基本的な知識から、経年劣化に対する効果的な対処法、さらには修理業者の選び方まで、幅広く解説していきます。経年劣化は自動車の避けられない宿命ですが、適切なケアと知識によって、その影響を最小限に抑えることが可能です。愛車を長く、美しく保つための秘訣を、一緒に探っていきましょう。

 

はじめに

車の板金塗装の重要性と経年劣化の影響について簡潔に紹介

車の板金塗装は、自動車の外観を維持し、経年劣化によるダメージから保護するために非常に重要なプロセスです。時間とともに、どんな車も外装の色あせ、傷、へこみなどの劣化現象に直面します。これらの問題は単に見た目の問題に留まらず、車の構造的な健全性にも影響を及ぼす可能性があります。したがって、定期的な板金塗装は、車を最適な状態に保つために不可欠です。

経年劣化は自然なプロセスであり、車の塗装面には日々の使用から生じる微細な傷や、紫外線、酸性雨、塩害などの環境要因によるダメージが蓄積します。これらの要因は、塗装の劣化を加速させ、最終的には金属部分の錆びや腐食を引き起こすことがあります。板金塗装は、これらの問題を修正し、車体を元の状態に復元するために行われます。適切な板金塗装は、車の外観を改善するだけでなく、車の寿命を延ばし、将来的な修理コストを削減する効果もあります。

板金塗装のプロセスは、損傷した部分の修理や交換から始まります。これには、へこみを修正したり、錆びた部分を取り除いたりする作業が含まれます。その後、塗装の下地処理が行われ、最終的に新しい塗料が塗られます。このプロセスは、車の外観を復元するだけでなく、将来的な損傷に対する追加の保護層になります。

また、板金塗装は車の再販価値にも大きな影響を与えます。外観が良好な車は、市場でより高い価値を持ち、売却時に有利になります。定期的なメンテナンスと適切な板金塗装は、車の美観を維持し、長期的な価値を保つための鍵です。

しかし、すべての板金塗装が同じ品質であるわけではありません。高品質な材料の使用、熟練した技術者による施工、適切な塗装方法の選択は、優れた結果を得るために重要です。また、車の種類や使用状況に応じて、塗装の種類や方法を選ぶ必要があります。

板金塗装は単なる美観の問題ではなく、車の健全性と機能性を維持するための重要な投資です。適切なケアとメンテナンスにより、愛車を長期間にわたって最高の状態で楽しむことができます。車の板金塗装は、その美しさを保ちながら、機能性と価値を維持するための重要なステップなのです。

 

自動車の経年劣化とは

経年劣化の一般的な症状(色あせ、傷、剥がれなど)の解説

自動車の経年劣化は、使用と時間の経過に伴い、避けられない現象です。この劣化は、車の外観だけでなく、性能や安全性にも影響を及ぼす可能性があります。経年劣化の一般的な症状には、色あせ、傷、剥がれなどがあり、これらは車の美観を損なうだけでなく、車体の保護機能を低下させる原因となります。

色あせは、車の塗装が最も一般的に直面する劣化の形態の一つです。紫外線、酸性雨、塩害、鳥の糞などの環境要因が、塗装の色素を徐々に分解し、褪色を引き起こします。特に、直射日光に長時間さらされることが多い車は、色あせが顕著に現れやすいです。色あせた塗装は、車の全体的な外観を損なうだけでなく、塗装の保護機能の低下を意味し、さらなる損傷のリスクを高めます。

傷は、日常の使用から生じるもので、小石の跳ね返り、駐車時の接触、不注意による擦れなどが原因です。表面的な傷は見た目の問題に留まりますが、深い傷は塗装を通じて金属部分に達し、錆の原因となることがあります。錆は車体の構造的な強度を低下させ、修理が困難で高価になることがあります。

剥がれは、塗装が車体から剥離する現象で、これは通常、塗装の質の問題、不適切な塗装方法、または事故による損傷の結果として発生します。剥がれた部分は、水分や酸素が金属部分に直接触れることを許し、錆や腐食を引き起こす可能性があります。

これらの経年劣化の症状は、車の価値を低下させるだけでなく、安全性にも影響を及ぼす可能性があります。そのため、定期的なメンテナンスと適切なケアが重要です。色あせや傷は、専門的な板金塗装によって修復可能です。剥がれた部分は、塗装の再施工によって修理できます。これらの措置は、車の外観を改善し、長期的な損傷から保護するためには必要不可欠です。

経年劣化は避けられないものですが、適切な対策によってその影響を最小限に抑え、車を長持ちさせることができます。車の外観を保つことは、単に美学的な問題だけではなく、車の機能性と安全性を維持するための重要な側面なのです。

 

経年劣化が進行する理由とその影響

自動車の経年劣化は、使用と時間の経過に伴って自然に発生するプロセスです。この劣化は、車の外観だけでなく、性能や安全性にも影響を及ぼします。経年劣化が進行する主な理由は、環境要因、物理的摩耗、材料の老化など多岐にわたります。これらの要因が組み合わさることで、車は徐々にその外観を失っていきます。

環境要因としては、紫外線、温度変化、湿度、塩害、酸性雨などが挙げられます。紫外線は塗装の褪色や劣化を引き起こし、高温や低温、湿度の変化は車の内外の材料にストレスを与えます。特に海岸近くや冬季に塩化カルシウムが散布される地域では、塩害による錆のリスクが高まります。また、酸性雨は塗装の劣化を加速させ、金属部分の腐食を引き起こすことがあります。

物理的摩耗は、日常の使用によって生じます。走行中の小石の跳ね返り、駐車時の擦れやぶつかり、荷物の積み下ろしによる傷などがこれに該当します。これらの摩耗は、塗装の損傷や車体の小さなへこみを引き起こし、時間とともに蓄積します。

材料の老化も重要な要因です。車の内外装に使用されるプラスチック、ゴム、金属などの材料は、時間の経過とともに劣化します。ゴム部品は硬化やひび割れを起こしやすく、プラスチック部品は脆くなりやすいです。金属部分は錆びやすく、特に塗装が損傷して露出した部分は腐食しやすくなります。

経年劣化の影響は多岐にわたります。外観の損傷は、車の見た目を悪くするだけでなく、再販価値を低下させます。性能面では、エンジン部品やサスペンション、ブレーキシステムなどの劣化が安全性に直接的な影響を及ぼすことがあります。また、電気系統の老化は、予期せぬ故障や動作不良の原因となることがあります。

これらの問題に対処するためには、定期的なメンテナンスと適切なケアが必要です。外観の維持には、定期的な洗車とワックスがけ、小さな傷やへこみの早期修理が効果的です。性能の維持には、定期的な点検と消耗品の交換が重要です。経年劣化は避けられないものですが、適切な対策によってその進行を遅らせ、車を長持ちさせることができます。

 

板金塗装の役割

板金塗装が車に与える効果

板金塗装は、自動車のメンテナンスと修理において重要な役割を果たします。このプロセスは、車の外観を修復し、保護するだけでなく、車の構造的な完全性を維持するためにも不可欠です。板金塗装が車に与える効果は、単に美観の向上に留まらず、車の耐久性と安全性の向上にも寄与します。

板金作業は、車体のへこみや損傷した部分を修正するプロセスです。事故や衝突、小石の跳ね返りなどによって生じた損傷は、板金によって元の形状に戻されます。この作業は、車の構造的な強度を回復させるだけでなく、後の塗装作業のための準備としても重要です。板金作業が適切に行われない場合、塗装はうまく定着せず、将来的に剥がれや錆の原因となる可能性があります。

塗装作業は、車の外観を美しく保つために行われますが、それ以上の意味も持ちます。新しい塗装は、車体を環境要因から保護し、錆や腐食を防ぎます。紫外線、酸性雨、塩害などの外部からの攻撃に対して、塗装は防護層として機能します。また、塗装は車の再販価値を高める重要な要素でもあります。美しい外観は、中古車市場において車の魅力を高め、より高い価格での売却を可能にします。

板金塗装のもう一つの重要な効果は、車の安全性の維持です。車体の損傷は、衝突時の安全性に影響を与える可能性があります。例えば、へこみや歪みは、車体の衝撃吸収能力を低下させることがあります。適切な板金塗装によって、これらの問題を修正し、車の安全性を維持することができます。

さらに、板金塗装は車の長期的な健全性にも寄与します。定期的なメンテナンスとともに行われる板金塗装は、車の寿命を延ばし、長期的な修理コストを削減することができます。特に、錆や腐食の初期段階での対応は、より大きな損傷と高額な修理を防ぐために重要です。

板金塗装は自動車のメンテナンスにおいて多面的な役割を果たします。これは、車の美観を保つだけでなく、車の構造的な強度、安全性、耐久性を維持し、長期的な価値を高めるために不可欠なプロセスです。適切な板金塗装は、愛車を長く、安全に、そして美しく保つための鍵となるのです。

 

経年劣化に対する板金塗装の重要性

自動車は時間の経過と共に、さまざまな外部要因によって劣化していきます。これには、塗装の褪色、金属部分の錆、へこみや傷などが含まれます。板金塗装は、これらの問題を解決し、車を新車時の状態に近づけることができる重要な手段です。

経年劣化の一つとして、塗装の褪色が挙げられます。紫外線、酸性雨、塩害などの環境要因は、塗装を徐々に弱め、色あせや光沢の喪失を引き起こします。板金塗装によって、これらの劣化した塗装を新しいものに置き換えることができます。新しい塗装は、車を環境要因から保護し、見た目を改善するだけでなく、車体の金属部分を錆や腐食から守る役割も果たします。

また、車体のへこみや傷は、見た目の問題だけでなく、車の構造的な強度にも影響を与えることがあります。板金作業によって、これらの損傷を修正し、車の元の形状と強度を回復させることができます。これは、車の安全性を維持する上で非常に重要です。特に、重大な事故に遭遇した場合、適切な板金作業によって車の安全性を確保することができます。

経年劣化に対する板金塗装の重要性は、単に車の外観を保つことにとどまらず、車の機能性、安全性、そして経済的価値を維持するためにも不可欠です。適切なメンテナンスと共に行われる板金塗装は、車を長期間にわたって最適な状態に保つための鍵となります。愛車を長く、安全に、そして美しく保つためには、板金塗装の役割を理解し、適切なタイミングでの施工が重要です。

 

板金塗装の工程と種類

一般的な板金塗装の工程の紹介

自動車の板金塗装は、車の修理やメンテナンスにおいて重要なプロセスです。この工程は、車の外観を修復し、保護するために不可欠であり、専門的な技術と注意深い作業が求められます。一般的な板金塗装の工程は、複数のステップに分かれており、それぞれが車の最終的な品質に大きく影響します。

まず、損傷評価と分解作業から始まります。この段階では、専門家が車の損傷を詳細に調査し、修理に必要な作業の範囲を決定します。損傷がある部分のパネルや関連部品は、修理作業を行うために取り外されます。この時、損傷の程度によっては、交換が必要な部品も特定されます。

次に、板金作業が行われます。この工程では、へこみや歪みがある車体の部分を元の形状に戻す作業が行われます。これには、ハンマーやドリー(金槌のような工具)、さらにはボディフレームを修正するための専門的な機器が使用されることがあります。板金作業は非常に繊細で、車の元の形状を正確に復元するために高度な技術が必要です。

板金作業の後、下地処理が行われます。この段階では、修理された部分にパテやプライマーが塗られ、表面が滑らかになるように磨かれます。下地処理は、塗装の品質に直接影響するため、非常に重要な工程です。表面が不均一だと、塗装がうまく定着せず、見た目にも影響します。

その後、塗装作業に移ります。ここでは、車に新しい塗料を塗り、元の色や光沢を復元します。この工程では、色の一致を確保するために高度な技術が必要です。塗装は通常、数層にわたって行われ、ベースコート、カラーコート、クリアコートの順に塗られます。各層は乾燥させる必要があり、完全な乾燥には時間がかかります。

組み立てと最終チェックが行われます。塗装が完了したら、取り外された部品を元に戻し、車の機能が正常に動作するかを確認します。この段階で、ライト、ドア、窓などの動作テストが行われ、修理の品質が最終的にチェックされます。

板金塗装の工程は、車の外観を修復し、長期的な保護を提供するために不可欠です。このプロセスは、専門的な技術と精密な作業を要求し、車の美観と機能性を維持するために重要な役割を果たします。適切に行われた板金塗装は、車を新車のような状態に戻し、その価値を高めることができます。

 

経年劣化に応じた塗装の種類と方法

経年劣化の程度に応じて、塗装の種類を選ぶ必要があります。軽度の劣化の場合、例えば小さな傷やわずかな色あせがある場合、部分的な塗装やタッチアップが適切です。この方法では、損傷部分のみを対象にし、周囲の塗装との色の一致を重視します。一方、中度から重度の劣化の場合、例えば広範囲の色あせや塗装の剥がれがある場合、全体的な再塗装が必要になります。全体的な再塗装では、車全体の塗装を一新し、長期的な保護と美観の回復を図ります。

塗装の方法についても、劣化の程度に応じて異なります。軽度の劣化の場合、タッチアップペイントやスプレー缶を使用して、小さな傷やチップを修正します。この方法は比較的簡単で、専門的な設備を必要としません。しかし、色の一致を確保するためには、正確な色の選択と丁寧な作業が必要です。

中度から重度の劣化の場合、専門的な塗装ブースやスプレーガンを使用し、複数の塗装層を施します。このプロセスには、プライマー、ベースコート、カラーコート、クリアコートの各層が含まれます。プライマーは塗装の密着を高め、ベースコートは車の色を形成します。カラーコートは色の深みを与え、クリアコートは光沢と保護を提供します。これらの各層は、適切な乾燥時間を確保しながら丁寧に施工されます。

また、塗装の種類には、水性塗料や油性塗料、特殊な耐候性塗料などがあります。水性塗料は環境に優しく、乾燥が早いのが特徴です。油性塗料は耐久性が高く、深みのある仕上がりを提供します。耐候性塗料は、特に厳しい環境条件下での使用に適しており、紫外線や化学物質に対する耐性が高いです。

経年劣化に応じた塗装の選択と施工方法は、車の美観と保護を長期にわたって維持するために不可欠です。適切な塗装を選び、丁寧に施工することで、車は新車のような状態を保ち続けることができます。また、専門的な知識と技術を持つ業者に依頼することで、最適な結果を得ることができます。

 

実際の事例と対処法

実際の修理事例の紹介

自動車の板金塗装に関する実際の修理事例を紹介します。この事例は、経年劣化と事故による損傷を受けた中型セダンの修理を取り上げます。修理のプロセスは、車の状態を詳細に評価し、必要な修理作業を段階的に行うことで、車を元の状態に戻すことを目指します。

このセダンは、フロントバンパーと左側のドアに大きなへこみと傷がありました。また、車体のいくつかの部分で塗装が剥がれ、色あせが進んでいました。最初のステップとして、専門の技術者が車の損傷を詳細に調査しました。この調査により、修理に必要な作業の範囲が明確になります。

次に、損傷した部分の板金作業が行われました。フロントバンパーとドアのへこみは、専門的な工具を使用して元の形状に戻されました。この工程では、車体の強度を損なわないように慎重に作業が進められます。板金作業の後、損傷部分にパテが塗られ、表面が滑らかになるように磨かれました。

その後、下地処理が行われ、修理された部分にプライマーが塗られました。プライマーは塗装の密着を高め、塗装の品質を向上させるために重要です。プライマーの乾燥後、車全体の塗装作業が行われました。このセダンでは、元の色に合わせたカスタムカラーの塗料が使用されました。塗装は、ベースコート、カラーコート、クリアコートの順に施され、各層は適切に乾燥しました。

塗装作業が完了した後、車は再組み立てられ、最終的な品質チェックが行われました。このチェックでは、車の機能が正常に動作するか、塗装の仕上がりが均一かどうかが確認されます。最終的に、車は新車のような外観と品質を取り戻し、オーナーに返却されました。

この事例は、専門的な技術と適切な工程管理が、車の修理と美観の回復にどのように貢献するかを示しています。板金塗装は、単に外観を修復するだけでなく、車体を保護し、その耐久性を高める重要な役割を果たします。適切に行われた修理は、車の価値を維持し、長期的な使用を可能にします。

 

経年劣化に対する具体的な対処法

自動車の経年劣化は避けられない現象ですが、適切な対処法によってその進行を遅らせ、車の美観と機能を長持ちさせることができます。経年劣化に対する具体的な対処法を、段階的かつ理論的に解説します。

まず、経年劣化の主な原因は、日常の使用による摩耗、気象条件、紫外線の影響、化学物質や塩分などの外部からの攻撃です。これらの要因は、車の塗装面や内部構造に徐々にダメージを与えます。したがって、劣化を防ぐためには、これらの要因に対する予防措置が重要です。

車の塗装面を保護するためには、定期的な洗車とワックスがけが効果的です。洗車によって、塗装面に付着した汚れや化学物質を除去し、ワックスがけによって塗装面に保護層を形成します。特に、塩分が含まれる地域や海沿いでの使用では、塩分による腐食を防ぐために、こまめな洗車が推奨されます。

また、車を長時間直射日光の下に置かないことも重要です。紫外線は塗装の色あせや劣化を早めるため、可能な限り日陰に駐車するか、カーカバーを使用することが望ましいです。さらに、車内のダッシュボードやシートなども紫外線による劣化が進むため、日よけを利用することが効果的です。

車の内部構造に関しては、定期的な点検とメンテナンスが不可欠です。エンジンオイルやブレーキフルードなどの消耗品の交換、タイヤの空気圧のチェック、ブレーキパッドの摩耗状態の確認など、定期的なメンテナンスは車の性能を維持し、安全運転に寄与します。

さらに、小さな傷やへこみが見つかった場合は、早めに修理することが重要です。小さな損傷でも放置すると、錆やさらなる損傷の原因となり得ます。特に、板金塗装は車体の保護と美観の回復に直接的な効果をもたらします。専門の業者による適切な修理は、車の寿命を延ばし、将来的な大きな修理費用の削減にもつながります。

車の使用環境や運転方法にも注意が必要です。過度の荷重や過酷な運転条件は車に大きな負担をかけ、劣化を早める可能性があります。穏やかな運転と適切な荷重管理によって、車の経年劣化を抑制することができます。

これらの対処法によって、自動車の経年劣化を遅らせ、長期間にわたって車を最適な状態で保つことが可能です。定期的なメンテナンスと適切なケアは、車の寿命を延ばし、安全かつ快適なドライビングを実現します。

 

塗装に関するよくある質問

塗装の値段や相場

自動車の塗装に関する質問の中で、特に多いのが塗装の値段や相場に関するものです。この記事では、塗装の値段や相場について、理論的かつ段階的に解説します。

まず、自動車の塗装費用は、車の種類、塗装の範囲、使用する塗料の種類、塗装を行う業者の技術レベルやサービス内容によって大きく異なります。一般的に、小さな傷や部分的な塗装は比較的安価に行うことができますが、全体塗装や特殊な塗料を使用する場合は、それに応じて費用が高くなります。

車の種類によっても塗装費用は変わります。例えば、一般的な乗用車と比べて、高級車やスポーツカーの塗装は、使用する塗料の質や塗装技術の要求レベルが高いため、費用が高くなる傾向があります。また、車の大きさによっても、必要な塗料の量や作業時間が異なるため、塗装費用に影響します。

塗装の範囲についても、費用に大きく影響します。部分塗装は、全体塗装に比べて必要な塗料の量が少なく、作業時間も短いため、費用が抑えられます。しかし、車全体の色を変更する場合や、特殊なデザインを施す場合は、より高額になることが一般的です。

使用する塗料の種類も、塗装費用に影響を与える重要な要素です。一般的な塗料よりも耐久性や光沢が高い高品質な塗料を使用する場合、その分費用が上がります。また、環境に優しい水性塗料や特殊な効果を持つ塗料を選択すると、それに応じて費用が変動します。

さらに、塗装を行う業者の技術レベルやサービス内容も、塗装費用に大きく影響します。経験豊富な専門家による高品質な塗装は、一般的な塗装業者よりも高額になる可能性があります。また、追加のサービス(例えば、傷の修理やデントリペア)を行う場合も、それに応じて費用が増加します。

地域によっても塗装の相場は異なります。都市部では、地方に比べて塗装費用が高い傾向があります。これは、都市部の物価や人件費が高いことが影響しています。

以上のように、自動車の塗装費用は多くの要因によって決まります。個々のニーズや予算に応じて、最適な塗装プランを選択することが重要です。また、複数の業者から見積もりを取り、サービス内容と価格を比較検討することをおすすめします。適切な塗装を行うことで、車の美観を保ち、長期間にわたって愛車を楽しむことができます。

 

修理の依頼方法や査定の流れ

修理や塗装を依頼する際の最初のステップは、適切な修理業者や塗装専門店を見つけることです。インターネット検索や口コミ、地域の情報を参考にして、信頼できる業者を選びましょう。選んだ業者に連絡を取り、修理や塗装の依頼を行います。この際、車の状態や修理が必要な箇所、希望する塗装の種類などを詳しく伝えることが重要です。

次に、業者は車の状態を確認し、必要な修理や塗装の範囲を把握します。この段階で、車を直接業者に持ち込むか、写真や動画を使ってオンラインで状態を伝えることができます。業者は車の状態を確認した後、修理や塗装にかかる費用の見積もりを作成します。見積もりは、修理や塗装の範囲、使用する材料、作業にかかる時間などに基づいて算出されます。

見積もりが出されたら、その内容をよく確認し、不明点があれば業者に質問します。見積もりの内容に納得がいったら、修理や塗装の作業を依頼します。この際、作業にかかる期間や、修理中の車の代替手段なども確認しておくと良いでしょう。

修理や塗装の作業が始まると、業者は細心の注意を払いながら作業を進めます。作業が完了したら、業者は修理や塗装の結果を確認し、顧客に報告します。顧客は、修理や塗装の仕上がりを確認し、満足できる仕上がりであれば、作業完了となります。

修理や塗装の費用を支払い、車を受け取ります。この際、保証やアフターケアについても確認しておくと安心です。修理や塗装には保証が付いている場合が多く、万が一の問題が発生した際には、追加の修理や対応が可能です。

以上のように、修理や塗装の依頼は、適切な業者の選定から始まり、見積もりの確認、作業の進行、最終的な確認と支払いに至るまで、いくつかの段階を経て行われます。各ステップでしっかりと確認し、納得のいくサービスを受けることが重要です。また、修理や塗装に関する疑問や不安があれば、いつでも業者に相談することが大切です。

 

まとめ

自動車の板金塗装は、単に見た目を美しく保つだけでなく、車の機能性や安全性を維持する上で非常に重要な役割を果たします。経年劣化や事故による損傷は、放置することで車の性能を低下させ、最悪の場合、安全上のリスクを高める可能性があります。適切な時期に板金塗装を行うことで、これらの問題を未然に防ぎ、車を長持ちさせることができます。

車を長く愛用するためには、定期的なメンテナンスと適切な修理が不可欠です。特に塗装は、車の外観を保護するだけでなく、錆びや腐食を防ぐためにも重要です。また、板金塗装は車の再販価値にも影響を与えるため、将来的な売却を考えている方にとっても重要なポイントです。

この記事を通じて、板金塗装の重要性やそのプロセスについて理解を深めていただけたことと思います。車のメンテナンスは、所有する喜びと同時に責任でもあります。自分の車を大切に扱い、適切なケアを施すことで、安全で快適なドライブを長く楽しむことができます。愛車の長寿命化と安全運転に向けて、適切なメンテナンスを心がけましょう。

 

よくある質問

Q.事前の見積は可能ですか?
A.はい可能です。
お見積りは無料で行っていますのでお気軽にご相談ください。
LINEでもご相談いただけます。
※車検証のお写真もご一緒にお送りください。

Q.代車は借りれますか?
A.はい可能です。
無料でお貸ししておりますのでお気軽にご相談ください。
お車をお預かりしている期間中に代車が必要な方は、事前にお伝えいただけますとスムーズにご案内可能です。

Q.車検はお願いできますか?
A.はい可能です。
最短2日の車検も承ります。お車の整備点検等も実施いたしますのでご安心ください。「車検証」「自賠責保険証」「自動車税納税証明書」「認めの印鑑」を必ずご持参ください。

Q.修理に納得いかなかった場合はどうなりますか?
A.万一不具合がございましたら修理後3年間保証いたします。
なお、車両保有者に変更があった場合は、その時点で保証補効力は失効いたします。詳しくはお気軽にご相談ください。

 

店舗概要

店舗名・・・ Body Shop Honda
所在地・・・〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
電話番号・・・ 072-653-5060

会社概要

Company

会社名 有限会社ボディショップホンダ
(Body Shop Honda)
管理代表者 本田 貴宏
所在地 〒566-0052
大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
TEL & FAX 072-653-5060 
※不在時は携帯電話に転送いたします
アドレス info@bsh.osaka
営業時間 9:00~19:00
定休日 不定休(土日祝 対応可)
お支払い 各種クレジットカードをご利用いただけます
URL https://bsh.osaka/
BODY SHOP HONDA

国産車・輸入車の凹み修理、板金塗装、カーコーティングのことなら、
私たちボディショップホンダへご依頼ください

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可) 072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可)

LINE友だち登録で簡単お見積も行っております

Lineで簡単お見積を依頼する Lineで簡単お見積を依頼する

2022- Copyright Body Shop Honda. All rights reserved.