お急ぎの方は
お電話でお問い合わせください。

072-653-5060
LINEで簡単お見積り
当社へのアクセス

お車の凹み修理をお考えの方へ

Column

愛車の美観を守る!板金塗装の下地処理とは?

愛車の外観は、所有者のプライドを象徴し、その状態を保つことは車にとっても重要です。特に板金塗装は、車の美しさを保つ上で欠かせない工程です。しかし、多くの車のオーナーは、板金塗装の最も重要な部分である下地処理の重要性に気づいていないことが多いです。

下地処理は、塗装の質と耐久性を左右するため、この工程には特に注意が必要です。この工程では、車の表面を丁寧に洗浄し、キズやヘコミを研磨して滑らかにします。これにより、塗料が均一に定着し、長持ちする塗装面を実現することができます。また、適切な塗料の選定は、仕上がりの美しさだけでなく、車体を外部環境から守るためにも重要です。

専門的な知識と技術を持ったスタッフによる丁寧な作業は、愛車を長期にわたって保護するために不可欠です。この記事では、板金塗装の下地処理の重要性と、その工程について詳しく解説します。車を長く大切に乗り続けたい方にとって、この情報は非常に価値のあるものとなるでしょう。

はじめに

板金塗装の重要性とは

板金塗装は、自動車のメンテナンスにおいて非常に重要な役割を果たします。これは単に車の見た目を美しく保つだけでなく、車体の保護と機能性の維持にも寄与する重要なプロセスです。自動車は日々、日差し、雨、風、そして道路からの小石など、様々な外部要因にさらされています。これらの要因は、車の塗装面を徐々に劣化させ、錆や腐食を引き起こす可能性があります。板金塗装は、これらのダメージから車体を守り、車の寿命を延ばすために不可欠なのです。

板金塗装のプロセスは、大きく分けて下地処理、塗装、仕上げの三つのステップから成ります。下地処理は、塗装の品質を決定する最も重要な部分です。この段階では、車体の表面の汚れや油分を徹底的に除去し、キズや凹みを修正します。これにより、塗料が均一に定着しやすくなり、塗装の耐久性が向上します。

次に、塗装工程では、選ばれた塗料を均一に車体に施します。この際、塗料の種類や色、質感によって、車の外観は大きく変わります。高品質な塗料を使用することで、車は長期間にわたってその美しさを保つことができます。また、塗装は車体を紫外線や化学物質から保護する役割も果たし、車体の錆や腐食を防ぎます。

最後の仕上げ工程では、仕上げ磨きを施し均一な光沢を出します。これにより、車は新車時の輝きを取り戻し、美観が大幅に向上します。また、仕上げ工程は塗装面をさらに保護し、長期間にわたってその状態を維持するためにも重要です。

板金塗装は、車の美観を維持するだけでなく、車体を物理的なダメージから守り、車の寿命を延ばすためにも重要です。適切な板金塗装を行うことで、車は長期間にわたってその価値を保ち続けることができます。そのため、専門的な知識と技術を持つプロフェッショナルによる丁寧な作業が求められます。愛車を長く大切に乗り続けたいと考えるなら、定期的な板金塗装は欠かせないメンテナンスの一部と言えるでしょう。

愛車の美観を保つための基本

愛車の美観を保つためには、日常の手入れと定期的なメンテナンスが不可欠です。車の外観を美しく保つことは、単に見た目の問題だけでなく、車の価値を維持し、長期間にわたる使用にも影響を与えます。まず、日々の洗車は車の美観を保つ基本です。汚れや塵は、塗装面に傷をつけたり、錆の原因となるため、定期的に洗車を行うことが重要です。洗車の際には、車に優しい洗剤を使用し、柔らかいスポンジや布で優しく洗いましょう。

また、紫外線や酸性雨などの環境要因から車を保護するために、ワックスがけやコーティングが効果的です。これらの処理は、塗装面を保護し、光沢を長持ちさせる効果があります。特に、ワックスやコーティング剤は、水をはじきやすくするため、汚れが付きにくくなり、洗車の頻度を減らすことにもつながります。

さらに、小さなキズや凹みは、見た目の悪化だけでなく、錆の原因となることもあります。これらの小さなダメージは、早めに修理することが重要です。自分で修理できない場合は、専門の業者に依頼することをお勧めします。専門家による適切な処理は、車の美観を回復させるだけでなく、将来的な大きなダメージを防ぐことにもつながります。

また、車内の清掃とメンテナンスも忘れてはなりません。車内が清潔で整頓されていると、車全体の印象が向上します。定期的に車内を掃除し、必要に応じてシートやマットを洗浄することで、車内環境を快適に保つことができます。

車を長時間直射日光の下に置かない、雨や雪の多い地域では屋根付きの場所に駐車するなど、環境にも注意を払うことが重要です。これらの環境要因は、車の塗装面を徐々に劣化させるため、可能な限りこれらの条件から車を守ることが望ましいです。

愛車の美観を保つためには、日々の小さな手入れから、定期的な専門的なメンテナンスまで、幅広いアプローチが必要です。これらの努力により、車は長期間にわたってその美しさを保ち続けることができます。

板金塗装の基本工程

下地処理の役割

板金塗装の基本工程において、下地処理は非常に重要な役割を果たします。この工程は、塗装の質と耐久性を大きく左右するため、丁寧に行う必要があります。下地処理の主な目的は、塗装が施される表面を最適な状態に整えることです。これには、表面の清掃、研磨、さびや古い塗料の除去などが含まれます。

まず、下地処理の第一歩として表面の清掃が行われます。この段階では、車体の表面に付着した汚れや油分を徹底的に取り除きます。これは、塗料が均一に定着するために不可欠です。汚れや油分が残っていると、塗料がうまく定着せず、塗装の品質が低下する原因となります。

次に、研磨作業が行われます。この工程では、車体の表面を滑らかにし、塗料が均等に塗布されるようにします。また、小さなキズや凹みを修正し、表面を均一にすることで、塗装後の仕上がりの美しさを高めます。研磨は、塗装の密着を良くし、長期間にわたる耐久性を確保するためにも重要です。

さらに、さびや古い塗料の除去も下地処理の重要な部分です。特に、さびは塗装の下で進行し続けるため、完全に取り除くことが必要です。古い塗料が残っていると、新しい塗料の密着を妨げ、塗装の耐久性に影響を与える可能性があります。

下地処理は、塗装の品質を左右するだけでなく、車体を外部環境から守るためにも重要です。適切に行われた下地処理は、塗装が長持ちし、車体を錆や腐食から守ります。また、美しい仕上がりを実現するためにも、この工程は欠かせません。

板金塗装の下地処理は、専門的な技術と経験を要する作業です。この工程を丁寧に行うことで、塗装の品質が向上し、車の美観と機能性を長期間保つことができます。愛車を長く大切に乗り続けたい場合、下地処理の重要性を理解し、適切なメンテナンスを行うことが重要です。

修理とコーティングの関係

板金塗装における修理とコーティングの関係は、自動車の外観と機能性を維持する上で非常に重要です。このプロセスは、車体の損傷を修復し、新たな保護層を施すことで、車を長期間にわたり保護します。

修理の段階では、まず車体の損傷部分を詳細に評価します。これには、事故や使用による凹み、キズ、錆などが含まれます。損傷の程度に応じて、板金作業で凹みを修正したり、必要であれば部品を交換します。この過程は、車体の構造的な完全性を回復させることに重点を置いています。損傷部分が適切に修理されることで、塗装工程での仕上がりの質が大きく向上します。

次に、塗装工程に移ります。ここでは、修理された部分に新しい塗料を施します。この工程は、車の外観を元の状態に戻すだけでなく、車体を外部環境から保護する役割も果たします。高品質な塗料と適切な塗装技術は、車の耐久性と美観を保つために不可欠です。

最終的に、コーティング工程が行われます。コーティングは、塗装された表面に追加の保護層を提供します。これにより、車体は紫外線、酸性雨、塩害、小石などの外部からのダメージから守られます。また、コーティングは車の光沢を高め、清掃を容易にする効果もあります。水や汚れが表面に付着しにくくなるため、車を清潔に保つことが容易になります。

このように、板金塗装における修理とコーティングの関係は、車体の損傷を修復し、新たな保護層を施すことで、車の美観と機能性を長期間維持するために不可欠です。適切な修理と高品質なコーティングは、車を新車時の状態に近づけ、さらにその状態を長期間保持するための鍵となります。専門的な技術と適切な材料の選択が、このプロセスの成功には欠かせません。

 

下地処理のステップ

洗浄:愛車の表面を綺麗に

板金塗装における下地処理の最初のステップは、愛車の表面を徹底的に洗浄することです。この洗浄プロセスは、塗装の品質を決定づける重要な工程であり、車体の表面から汚れや油分、古い塗料やさびを取り除くことを目的としています。

洗浄作業は、車体の表面に付着した汚れやグリースを除去することから始まります。これは、塗装の密着を妨げる可能性があるため、非常に重要です。汚れや油分が残っていると、新しい塗料がうまく定着せず、塗装後の仕上がりに影響を与える可能性があります。したがって、洗浄は非常に丁寧に行われる必要があります。

洗浄には、特に車体に優しい洗剤を使用し、硬いブラシやスクラブを避け、車体を傷つけないように注意が必要です。また、洗浄の際には、車体の隅々まで注意深くチェックし、隠れた汚れや油分が残っていないかを確認します。特に、ドアの隙間やトランクの周辺など、見落としがちな部分にも注意を払う必要があります。

洗浄後、車体は十分に乾燥させる必要があります。これは、水分が残っていると塗装の際に問題を引き起こす可能性があるためです。乾燥は自然に行うか、エアブロワーなどを使用して行うことができます。十分な乾燥が確保された後、車体は次のステップである研磨や塗料の選定に進むことができます。

この洗浄プロセスは、板金塗装の成功において基礎となるステップです。適切な洗浄が行われることで、塗装はより美しく、耐久性のある仕上がりを実現することができます。愛車の美観を長期間保つためには、この洗浄プロセスを適切に行うことが非常に重要です。専門的な知識と技術を持つプロフェッショナルによる丁寧な洗浄は、車の塗装を新たなレベルへと引き上げる鍵となります。

研磨:キズやヘコミの処理

板金塗装の下地処理における研磨作業は、車体のキズやヘコミを処理し、塗装のための理想的な表面を作り出すために不可欠です。この研磨プロセスは、塗装の品質と耐久性に大きく影響を与えるため、非常に重要な工程となります。

研磨作業の主な目的は、車体の表面を滑らかにし、塗装が均一に施されるようにすることです。キズやヘコミは、塗装の仕上がりに悪影響を与えるため、これらを適切に処理することが重要です。研磨は、車体の表面から不要な層を取り除き、新しい塗料がしっかりと定着するための理想的な状態を作り出します。

研磨作業は、粗い研磨材から始め、徐々に細かい研磨材へと移行していきます。この段階的なアプローチは、車体の表面を均一にし、細かいキズを最小限に抑えるために重要です。粗い研磨材は、大きなキズや凹みを効果的に取り除くのに適していますが、細かい研磨材は、表面を滑らかに仕上げるのに必要です。

研磨作業中は、車体に過度の圧力をかけないように注意が必要です。過度の圧力は、車体に新たなキズを作り出す可能性があります。また、研磨作業は均一に行うことが重要で、一部分だけを集中的に研磨すると、不均一な表面が生じる可能性があります。

研磨作業が完了した後、車体は再度洗浄され、研磨材の残留物を取り除きます。これにより、塗装工程に移る前に、車体の表面が完全に清潔であることを確認します。清潔で滑らかな表面は、塗装の品質を向上させ、美しい仕上がりを実現します。

研磨は、板金塗装の下地処理において非常に重要なステップです。この工程を適切に行うことで、塗装の品質が向上し、車の美観と機能性を長期間保つことができます。専門的な技術と適切な機材の使用が、このプロセスの成功には欠かせません。愛車の美観を長く保つためには、研磨作業の重要性を理解し、適切なメンテナンスを行うことが重要です。

塗料の選定:仕上がりと耐久性を左右する

塗料の選定は、板金塗装において仕上がりと耐久性を大きく左右する重要な要素です。適切な塗料を選ぶことは、車の美観を高めるだけでなく、長期間にわたりその状態を保持するためにも不可欠です。塗料の選定には、色の選択、品質、耐候性、環境への影響など、多くの要因を考慮する必要があります。

まず、色の選択は、車の外観に直接影響を与えるため、非常に重要です。オリジナルの色を再現する場合や、新しい色に変更する場合でも、色の一貫性と鮮明さが求められます。高品質な塗料は、色の鮮やかさを長期間保ち、太陽光や化学物質による退色を防ぐ効果があります。

次に、塗料の品質は、塗装の耐久性と仕上がりに大きく影響します。高品質な塗料は、紫外線や化学物質、機械的なダメージに対する耐性が高く、長期間にわたって車体を保護します。また、塗料の品質は、塗装後の光沢や均一性にも影響を与え、美しい仕上がりを実現します。

耐候性も塗料選定の重要な要素です。車は日々、厳しい環境条件にさらされています。耐候性の高い塗料は、紫外線、雨、雪、温度変化などの外部環境から車体を守り、塗装の剥がれや退色を防ぎます。耐候性の高い塗料を選ぶことで、車の外観を長期間保護することができます。

また、環境への影響も考慮する必要があります。近年では、環境に優しい水性塗料や低VOC(揮発性有機化合物)塗料が注目されています。これらの塗料は、従来の溶剤ベースの塗料に比べて、環境への影響が少なく、作業者の健康にも配慮されています。

塗料の選定は、単に色や質感を選ぶだけでなく、車の保護、耐久性、環境への影響など、多くの要素を総合的に考慮する必要があります。適切な塗料を選ぶことで、車は美しい外観を長期間保ち、さまざまな環境条件に対しても耐性を持つことができます。したがって、塗料の選定は、板金塗装のプロセスにおいて非常に重要なステップであり、専門的な知識と経験が求められます。愛車の美観と機能性を長期間保つためには、適切な塗料の選定が不可欠です。

自動車板金のこだわりと技術

専門スタッフの技術と経験

自動車の板金塗装において、専門スタッフの技術と経験は、車の修理やメンテナンスの質を大きく左右します。この分野の専門家は、複雑で繊細な作業を要求されるため、高度な技術と豊富な経験が不可欠です。彼らの役割は、単に車体の損傷を修理することにとどまらず、車の美観と機能性を最大限に引き出すことにあります。

専門スタッフは、損傷の程度や種類を正確に評価する能力を持っています。これには、車体の損傷部分を詳細に検査し、最適な修理方法を決定する技術が含まれます。例えば、凹みやキズの深さ、位置、及び車体の材質によって、修理のアプローチは大きく異なります。専門スタッフは、これらの要因を総合的に考慮し、最も効果的な修理方法を選択します。

また、板金作業においては、専門スタッフの技術が特に重要です。板金作業は、損傷した車体を元の形状に戻すための精密な作業であり、高度な技術と経験が求められます。専門スタッフは、適切な工具を使用し、車体の形状を正確に修復します。この作業は、車の構造的な強度を保ちながら、美観を回復させるために不可欠です。

塗装工程においても、専門スタッフの技術は重要な役割を果たします。塗装は、単に車体に色を塗る作業ではなく、車体を保護し、長期間にわたり美観を維持するための重要なプロセスです。専門スタッフは、適切な塗料の選定、塗装の均一性、そして最終的な仕上がりの質に細心の注意を払います。彼らは、塗装の各段階で必要な技術を駆使し、最高の結果を出すために努力します。

最後に、専門スタッフは、車のメンテナンスに関する豊富な知識を持っています。これには、車のメンテナンスのスケジュール、適切な洗車方法、そして長期的な車体の保護に関するアドバイスが含まれます。彼らの経験に基づく知識は、車のオーナーにとって非常に価値があり、車を最適な状態で保つための重要なガイダンスを提供します。

専門スタッフの技術と経験は、車の板金塗装において不可欠な要素です。彼らの専門知識と献身的な作業は、車の修理とメンテナンスの質を高め、車の美観と機能性を長期間保つために重要な役割を果たします。

高品質な材料の選択

自動車の板金塗装における高品質な材料の選択は、車の美観、耐久性、そして全体的な性能に大きな影響を与えます。適切な材料を選ぶことは、単に車を美しく見せるだけでなく、長期間にわたりその状態を維持し、車体を外部環境から保護するためにも重要です。高品質な材料の選択には、塗料、プライマー、シーラント、そして補修材料などが含まれます。

塗料の選択は、板金塗装のプロセスにおいて最も重要な部分の一つです。高品質な塗料は、色の鮮やかさと一貫性を長期間保ち、紫外線や化学物質による退色を防ぐ効果があります。また、耐候性の高い塗料は、雨、雪、温度変化などの外部環境から車体を保護し、塗装の剥がれや退色を防ぎます。さらに、環境に優しい水性塗料や低VOC塗料の選択は、環境への影響を減らし、作業者の健康にも配慮されています。

プライマーの選択も重要です。プライマーは、塗料が車体にしっかりと密着するための基盤を提供します。高品質なプライマーは、塗料の密着を向上させ、塗装の耐久性を高めます。また、錆や腐食から車体を保護する役割も果たします。

シーラントの使用は、塗装された表面の保護に不可欠です。シーラントは、塗装面に追加の保護層を提供し、紫外線、水、塩害などの外部からのダメージから車体を守ります。高品質なシーラントは、車の光沢を高め、清掃を容易にする効果もあります。

補修材料の選択も、板金塗装の品質に影響を与えます。これには、金属板、プラスチック、パテなどが含まれます。これらの材料は、車体の損傷部分を修復し、元の形状に戻すために使用されます。高品質な補修材料は、車体の構造的な強度を保ちながら、美観を回復させるために重要です。

高品質な材料の選択は、車の板金塗装において非常に重要です。適切な材料を使用することで、車は美しい外観を長期間保ち、さまざまな環境条件に対しても耐性を持つことができます。したがって、材料の選定は、専門的な知識と経験を持つプロフェッショナルによって慎重に行われるべきです。愛車の美観と機能性を長期間保つためには、高品質な材料の選定が不可欠です。

修理後のコーティングと仕上げ

コーティングの種類とその効果

自動車のコーティングは、車体を保護し、美観を維持するために重要な役割を果たします。コーティングには様々な種類があり、それぞれ異なる特性と効果を持っています。これらのコーティングは、車の塗装を外部環境から守り、長期間にわたって車の美しさを保つために使用されます。

一般的なコーティングの種類には、ワックス、ポリマー、セラミックコーティングがあります。ワックスは最も一般的なコーティングの一つで、自然または合成の成分を使用しています。ワックスは、車の塗装に輝きを与え、小さな傷やスワールマークを隠す効果があります。しかし、ワックスは比較的持続性が低く、定期的な再塗布が必要です。

ポリマーの主な特徴は、その耐久性と保護機能にあります。合成ポリマーを基にしたコーティング材で、車の塗装面に強力な保護層を形成します。このコーティングは、車体を外部環境から守り、塗装の耐久性を高めるために広く利用されています。また、水をはじく性質を持っており、車体に水滴が残りにくくなるため、車を清潔に保つのに役立ちます。

セラミックコーティングは、最新の技術を用いたコーティングで、非常に高い耐久性と保護性能を持っています。このコーティングは、ナノ技術を利用して車体に密着し、長期間にわたって塗装を保護します。セラミックコーティングは、紫外線、化学物質、熱、さらには小さな傷からも車体を守ることができます。また、水や汚れが付きにくくなるため、車を清潔に保つのにも効果的です。

これらのコーティングは、車の塗装を保護し、車の美観を長期間維持するために重要です。コーティングの選択は、車の使用環境、オーナーのメンテナンスの好み、予算などによって異なります。適切なコーティングを選ぶことで、車は長期間にわたってその美しさを保ち、外部環境からのダメージに対しても耐性を持つことができます。

コーティングは、専門的な知識と技術を持つプロフェッショナルによって適切に施されるべきです。正しい方法で施されたコーティングは、車の保護と美観を大きく向上させることができます。愛車の美観と機能性を長期間保つためには、適切なコーティングの選定と施工が不可欠です。

焼き付け工程の重要性

自動車の板金塗装における焼き付け工程は、塗装の耐久性と品質を大きく左右する重要なステップです。この工程は、塗装された車体を特定の温度で加熱し、塗料を車体にしっかりと固定させることを目的としています。焼き付け工程は、塗装の硬化を促進し、塗装面の強度と耐久性を高めるために不可欠です。

焼き付け工程の主な目的は、塗料の化学的な結合を強化し、塗装面に耐久性と耐摩耗性を与えることです。この工程により、塗装は外部環境に対する抵抗力を高め、紫外線、化学物質、機械的なダメージから車体を守ることができます。また、焼き付けによって塗装面はより滑らかで均一な仕上がりを実現し、車の美観を向上させます。

焼き付け工程は、塗料の種類に応じて異なる温度と時間で行われます。適切な温度と時間の設定は、塗料の特性に基づいて慎重に行われる必要があります。温度が低すぎると塗料は十分に硬化せず、耐久性が低下する可能性があります。一方、温度が高すぎると塗料が焦げるリスクがあり、仕上がりの品質に影響を与える可能性があります。

焼き付け工程は、塗装の最終的な品質を保証するためにも重要です。この工程を適切に行うことで、塗装は長期間にわたってその美しさと保護機能を維持することができます。焼き付けによって強化された塗装面は、洗車や日常の使用による摩耗にも強く、車の美観を長期間保つことができます。

焼き付け工程は、専門的な知識と技術を持つプロフェッショナルによって行われるべきです。適切な温度設定と時間管理は、塗装の品質を最大限に引き出すために不可欠です。愛車の美観と機能性を長期間保つためには、焼き付け工程の重要性を理解し、適切なメンテナンスを行うことが重要です。

まとめ

愛車を長持ちさせるためには、板金塗装の重要性を理解し、信頼できるサービスを選ぶことが不可欠です。板金塗装は、単に車の外観を美しく保つだけではなく、車体を外部環境から守り、機能性を維持するためにも重要な役割を果たします。このプロセスには、下地処理、塗装、コーティング、そして焼き付け工程が含まれ、それぞれが車の保護と美観を高めるために重要です。

下地処理は、塗装の品質を左右する基礎となります。適切な洗浄と研磨は、塗料の均一な定着を促し、仕上がりの美しさを保証します。塗料の選定においては、耐久性、色の鮮やかさ、環境への影響を考慮し、最適なものを選ぶことが重要です。また、コーティングは、車体を紫外線や化学物質から守り、長期間にわたって車の美観を維持します。焼き付け工程は、塗装の耐久性を高め、長期間にわたる保護を提供します。

これらのプロセスは、専門的な知識と技術を持つプロフェッショナルによって行われるべきです。専門スタッフの技術と経験は、車の修理とメンテナンスの質を大きく左右し、車の美観と機能性を長期間保つために不可欠です。高品質な材料の選択も、車の保護と美観を維持するために重要です。

愛車を長持ちさせるためには、信頼できるサービスを選ぶことが重要です。専門的な知識と経験を持つプロフェッショナルによる適切なメンテナンスは、車の価値を維持し、安心して長く乗り続けることを可能にします。愛車の美観と機能性を長期間保つためには、適切な板金塗装のプロセスと信頼できるサービスの選択が不可欠です。

よくある質問

Q.事前の見積は可能ですか?
A.はい可能です。
お見積りは無料で行っていますのでお気軽にご相談ください。
LINEでもご相談いただけます。
※車検証のお写真もご一緒にお送りください。

Q.代車は借りれますか?
A.はい可能です。
無料でお貸ししておりますのでお気軽にご相談ください。
お車をお預かりしている期間中に代車が必要な方は、事前にお伝えいただけますとスムーズにご案内可能です。

Q.車検はお願いできますか?
A.はい可能です。
最短2日の車検も承ります。お車の整備点検等も実施いたしますのでご安心ください。「車検証」「自賠責保険証」「自動車税納税証明書」「認めの印鑑」を必ずご持参ください。

Q.修理に納得いかなかった場合はどうなりますか?
A.万一不具合がございましたら修理後3年間保証いたします。
なお、車両保有者に変更があった場合は、その時点で保証補効力は失効いたします。詳しくはお気軽にご相談ください。

 

店舗概要

店舗名・・・ Body Shop Honda
所在地・・・〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
電話番号・・・ 072-653-5060

会社概要

Company

会社名 有限会社ボディショップホンダ
(Body Shop Honda)
管理代表者 本田 貴宏
所在地 〒566-0052
大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
TEL & FAX 072-653-5060 
※不在時は携帯電話に転送いたします
アドレス info@bsh.osaka
営業時間 9:00~19:00
定休日 不定休(土日祝 対応可)
お支払い 各種クレジットカードをご利用いただけます
URL https://bsh.osaka/
BODY SHOP HONDA

国産車・輸入車の凹み修理、板金塗装、カーコーティングのことなら、
私たちボディショップホンダへご依頼ください

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可) 072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可)

LINE友だち登録で簡単お見積も行っております

Lineで簡単お見積を依頼する Lineで簡単お見積を依頼する

2022- Copyright Body Shop Honda. All rights reserved.