お急ぎの方は
お電話でお問い合わせください。

072-653-5060
LINEで簡単お見積り
当社へのアクセス

お車の凹み修理をお考えの方へ

Column

車の板金塗装で穴埋めを完璧に!キズやヘコミを修理するプロの技術

車を所有する上で避けられないのが、キズやヘコミの発生です。日常の使用中に小さな石が跳ね上がったり、駐車場での小さな接触など、さまざまな原因で車体にダメージが生じます。これらの損傷は見た目の問題だけでなく、放置すると錆びや構造的な問題を引き起こす可能性もあります。そこで重要になるのが、板金塗装による穴埋めと修理です。板金塗装は、車のボディを元の形状に戻し、塗装で仕上げる技術です。特に穴埋めは、車の外観を回復させる上で不可欠な工程であり、専門的な技術と経験が求められます。

この記事では、車の板金塗装と穴埋めのプロセスに焦点を当て、どのようにキズやヘコミが修理されるのかを詳しく解説します。初めに、板金塗装の基本的な役割とそのプロセスについて説明し、次に穴埋めの具体的な手順と技術について深掘りします。また、自分でできる小さなキズの修理方法から、大きな損傷に対するプロのアプローチまで、幅広い情報を提供します。車のメンテナンスと美観を保つために、板金塗装は欠かせない要素です。この記事を通じて、車のキズやヘコミに対する理解を深め、適切なケア方法を学びましょう。

はじめに

板金塗装の重要性と穴埋めの役割

車の板金塗装は、単に車体の美観を保つためだけではなく、車の構造的な健全性を維持するためにも非常に重要です。日々の運転中に避けられない小さなキズやヘコミは、時間とともに錆や構造的な問題を引き起こす可能性があります。こうした損傷を適切に修理することで、車は長期間にわたってその性能と外観を保つことができます。

板金塗装のプロセスは、損傷した車体部分を元の形状に戻すことから始まります。これには、ヘコんだ部分を修正したり、必要に応じて部品を交換したりする作業が含まれます。しかし、単に形を整えるだけでは不十分で、車体の穴や亀裂を適切に処理する必要があります。ここで穴埋めの技術が重要な役割を果たします。穴埋めは、車体の損傷部分に特殊な材料を使用して穴や亀裂を埋め、滑らかな表面を作り出すプロセスです。この工程は、後の塗装作業の基盤を形成し、修理箇所を元の状態に近づけるために不可欠です。

塗装は、板金修理の最終段階であり、車の外観を回復させるだけでなく、修理箇所を環境から保護する役割も担います。適切に施された塗装は、修理箇所を錆や腐食から守り、車体全体の耐久性を高めます。また、専門的な塗装技術により、修理箇所と車体の残りの部分との間の色の一貫性を保つことができます。

板金塗装は、車の構造的な安全性と美観を維持するために不可欠です。特に穴埋めの工程は、塗装の質と耐久性に直接影響を与えるため、高い技術と経験が求められます。このように、板金塗装は単なる外観の修復以上のものであり、車の長期的な健全性を保つために重要な役割を果たしています。車を長く、安全に使用するためには、定期的なメンテナンスとともに、適切な板金塗装の知識と技術が不可欠です。

車のキズやヘコミが生じる一般的な原因

車のキズやヘコミは、日常の運転中にさまざまな状況で生じることがあります。これらの損傷は、車の外観に影響を与えるだけでなく、場合によっては車の機能性や安全性にも影響を及ぼす可能性があります。車のキズやヘコミが生じる原因は多岐にわたりますが、一般的なものには以下のような状況が含まれます。

まず、交通事故は車のキズやヘコミの最も一般的な原因の一つです。軽微な接触事故から大規模な衝突まで、事故の規模に関わらず、車体には様々な形の損傷が生じることがあります。特に、バンパーやドア、フェンダーなどは衝突による損傷を受けやすい部分です。

次に、駐車中の損傷も一般的です。これには、他の車両による接触、駐車場の壁や柱に対する擦れ、さらには買い物カートや他の物体による衝突などが含まれます。駐車場での小さなキズやヘコミは、しばしば見落とされがちですが、時間の経過と共に大きな問題に発展することがあります。

また、自然環境による損傷も無視できません。強風によって飛ばされた砂利や枝、落下する木の枝、雹などが車に当たることで、キズやヘコミが生じることがあります。これらの損傷は、特に天候が荒れる季節に多く発生します。

さらに、日常の使用に伴う摩耗もキズやヘコミの原因となります。車を使用する過程で、小石が跳ね上がったり、道路の縁石に擦れたりすることで、車体に小さなキズが生じることがあります。これらの損傷は、一見すると些細なものかもしれませんが、長期間にわたって蓄積すると車の外観に顕著な影響を与えることになります。

車のメンテナンス不足もキズやヘコミの原因となることがあります。例えば、錆びやすい環境での使用や、適切な洗車やワックスがけを怠ることで、車体が弱くなり、小さな衝撃で大きな損傷を受けるようになることがあります。

これらの原因を理解し、適切な予防措置を講じることで、車のキズやヘコミを最小限に抑えることができます。また、発生した損傷は早期に修理することで、車の美観と機能性を長期間保つことが可能です。

板金塗装の基本

板金とは何か、そのプロセスの概要

板金とは、車体の金属部分の修理や形状変更を行う技術のことを指します。この技術は、交通事故や日常の使用によって生じた車体のキズやヘコミを修復する際に重要な役割を果たします。板金作業は、車の構造的な強度を回復させるだけでなく、車の外観を元の状態に戻すためにも不可欠です。

板金のプロセスは、まず損傷した車体部分の評価から始まります。この段階では、損傷の程度や修理に必要な作業の範囲を正確に把握することが重要です。損傷が深刻な場合は、部品の交換が必要になることもありますが、軽度の場合は元の部品を修復することが可能です。

次に、実際の板金作業に移ります。この工程では、ハンマーやドリー(金属製の打ち棒)、さらにはボディ修正用の専門機器を使用して、損傷した部分を元の形状に戻します。この作業は非常に繊細で、車体の元の形状を忠実に再現するためには高度な技術と経験が必要です。また、この段階で適切に作業を行うことが、後の塗装作業の品質にも大きく影響します。

板金作業の後は、パテ処理が行われます。パテは、小さなキズや凹凸を滑らかにするために使用される充填材です。この材料を適切に塗布し、研磨することで、車体の表面を完全に平滑にします。この工程は、塗装の前の最終仕上げとして非常に重要であり、仕上がりの品質を左右します。

板金作業が完了した部分は塗装されます。塗装は、車体を保護し、美観を回復させるために不可欠です。また、塗装は車体の錆びや腐食を防ぐためにも重要な役割を果たします。適切な塗装作業は、板金修理の効果を長持ちさせ、車の耐久性を高めます。

板金は、車の修理とメンテナンスにおいて非常に重要な工程です。この技術により、車はその構造的な強度と美しい外観を取り戻すことができ、長期間にわたってその性能を維持することが可能になります。専門的な知識と技術を持つプロフェッショナルによる板金作業は、車の寿命を延ばし、安全性を確保するために不可欠です。

穴埋めの技術と手順

穴埋めの前の準備:損傷部分の評価と清掃

穴埋め作業を行う前の準備は、修理の質と最終的な仕上がりに大きく影響を及ぼします。この準備段階には、損傷部分の評価と清掃が含まれ、これらの工程は非常に重要です。まず、損傷部分の評価から始めます。この評価では、損傷の程度、深さ、範囲を正確に把握することが求められます。損傷が表面的なものか、それともより深刻な構造的な問題を含んでいるかを判断することが重要です。この段階での正確な評価は、修理に必要な作業の範囲を決定し、適切な修理方法を選択するための基盤となります。

損傷部分の評価が完了したら、次に清掃作業に移ります。清掃は、修理作業を行う上で非常に重要な工程です。損傷部分に付着している汚れ、油、錆などを徹底的に取り除くことで、後のパテ処理や塗装作業がスムーズに進行し、仕上がりの品質が向上します。特に、油分や汚れはパテや塗料の密着を妨げるため、これらを完全に除去することが不可欠です。清掃作業には、適切な洗浄剤や脱脂剤を使用し、損傷部分だけでなく、その周辺部分も丁寧に洗浄します。

この清掃作業は、単に汚れを取り除くだけではなく、損傷部分の状態をより詳細に観察する機会も提供します。清掃によって露わになった小さなキズや微細な亀裂も、この段階で発見し、適切に対処することが重要です。また、清掃は、修理作業の安全性を高めるためにも必要です。作業中に汚れや油が原因で滑ったり、他の部品に損傷を与えたりするリスクを減らすためにも、徹底的な清掃が求められます。

穴埋め作業の前の準備段階は、修理の成功に不可欠なステップです。損傷部分の正確な評価と徹底的な清掃は、修理作業全体の品質を左右するため、これらの工程には特に注意を払う必要があります。この準備作業を適切に行うことで、穴埋めやその後の塗装作業が効果的に進行し、車の修理と美観の回復に大きく貢献します。

穴埋めの方法:パテの使用と形成技術

穴埋めの工程は、車の板金修理において非常に重要な部分です。この工程では、パテを使用して損傷した車体の表面を滑らかにし、塗装のための適切な基盤を作り出します。パテの使用と形成技術は、修理された部分を元の状態に近づけるために不可欠であり、高い技術と繊細な作業が求められます。

パテとは、損傷した車体の凹凸を埋め、平滑な表面を作り出すための充填材です。この材料は、硬化剤と混合されて使用され、硬化すると非常に強固な表面を形成します。パテの適用は、損傷部分の形状や深さに応じて行われ、適切な量と厚さが重要です。過剰なパテの使用は、後の研磨作業を困難にし、仕上がりの品質を低下させる可能性があります。一方で、不十分なパテの使用は、損傷部分が完全に修復されない原因となります。

パテの塗布後、それが完全に硬化するまで待つ必要があります。硬化時間は、使用するパテの種類や気温、湿度によって異なります。硬化が完了したら、研磨作業に移ります。この研磨作業は、パテを滑らかにし、車体の他の部分と均一な表面を作り出すために行われます。研磨は、粗い紙やすりから始め、徐々に細かい紙やすりを使用していくことで、最終的に非常に滑らかな表面を実現します。

研磨作業の際には、均一な圧力をかけることが重要です。不均一な圧力は、表面に波や凹凸を作り出し、塗装の品質に影響を与えます。また、研磨作業中は、パテの表面と車体の他の部分との境界線が目立たないように注意深く作業を行う必要があります。この境界線が目立たなくなることで、塗装後の仕上がりが自然な外観を持つことになります。

穴埋めの工程は、板金修理の中でも特に技術と経験が求められる部分です。パテの適切な使用と研磨技術によって、修理された車体部分は元の状態に近い美しい仕上がりを実現します。この工程を丁寧に行うことで、車はその美観を取り戻し、長期間にわたってその状態を維持することができます。

穴埋め後の仕上げ:研磨と塗装

穴埋め作業が完了した後の仕上げ工程は、研磨と塗装によって行われます。これらの工程は、車の修理と美観回復において非常に重要であり、専門的な技術と注意深い作業が必要です。

研磨作業は、パテ処理された部分を滑らかにし、塗装のための適切な基盤を作り出すために行われます。この工程では、粗い紙やすりから始めて徐々に細かい紙やすりへと移行していきます。この段階的な研磨により、パテが完全に滑らかになり、車体の他の部分と一体化するように仕上げられます。研磨作業は非常に繊細であり、均一な圧力をかけながら行う必要があります。不均一な圧力は、表面に不規則な凹凸を作り出し、塗装の品質に悪影響を及ぼす可能性があります。

研磨が完了したら、塗装作業に移ります。塗装は、車の外観を回復させるだけでなく、修理された部分を環境から保護する役割も果たします。塗装作業は、まず下地処理から始まります。下地処理には、プライマーの塗布が含まれ、これによって塗料の密着を向上させるとともに、耐久性を高めます。プライマーの塗布後、適切な乾燥時間を確保することが重要です。

乾燥後、本塗装に移ります。本塗装は、車の元の色に合わせて行われ、色の一致が重要です。色の一致を確保するためには、正確な色合わせと塗料の選択が必要です。塗装は複数の層で行われ、各層は均一に塗布される必要があります。塗装の各層は、適切な乾燥時間を確保しながら進められます。

最終的な仕上げとして、クリアコートが塗布されます。クリアコートは、塗装の光沢を高め、耐久性を向上させるために重要です。この層も均一に塗布され、完全に乾燥させる必要があります。

研磨と塗装の仕上げ工程は、車の修理において最終的な外観と品質を決定づける重要なステップです。これらの工程を丁寧に行うことで、修理された車は元の美しい外観を取り戻し、長期間その状態を維持することができます。専門的な技術と経験を持つプロフェッショナルによる研磨と塗装は、車の価値を保ち、その寿命を延ばすために不可欠です。

キズとヘコミの修理

小さなキズとヘコミの自己修理方法

車の小さなキズやヘコミは、専門の修理工場に依頼する前に、自分で修理することも可能です。ただし、自己修理は適切な知識と慎重な作業が必要です。ここでは、小さなキズやヘコミの自己修理方法について解説します。

まず、キズの深さと大きさを評価します。浅いキズであれば、研磨とタッチアップペイントで修理できますが、深いキズや大きなヘコミの場合は、専門の修理が必要になることがあります。自己修理が可能な範囲を見極めることが重要です。

浅いキズの場合、まずは清潔な布でキズの周辺をきれいに拭き、汚れや油分を取り除きます。次に、細かいサンドペーパーを使用してキズを軽く研磨し、表面を滑らかにします。この際、キズの周囲の塗装を傷つけないように注意が必要です。研磨後、キズの部分を再度清潔な布で拭き、塗装の前の下地処理を行います。

タッチアップペイントを使用する際は、車の色と一致するペイントを選びます。ペイントは薄く何層にも重ねて塗り、各層が乾燥するのを待ちます。最後に、クリアコートを塗って仕上げます。この工程は、キズが目立たなくなるまで丁寧に行う必要があります。

一方、小さなヘコミの場合は、ヘコミ修正キットを使用することができます。これらのキットは、ヘコミを外側から引っ張って修正するためのツールが含まれています。ヘコミ部分を清潔にし、キットの指示に従ってヘコミを修正します。重要なのは、力を入れすぎず、徐々にヘコミを引き上げることです。急激な力を加えると、さらに損傷を拡大させる可能性があります。

自己修理は、小さなキズやヘコミに限定され、複雑な損傷や大きなヘコミには適していません。また、自己修理を行う際は、安全を最優先にし、適切な保護具を着用することが重要です。自信がない場合や損傷が大きい場合は、専門の修理業者に依頼することをお勧めします。正しい方法で慎重に作業を行えば、小さなキズやヘコミは自宅で効果的に修理することが可能です。

大きな損傷のプロによる修理プロセス

プロによる修理プロセスは、損傷の程度と車の状態に応じて異なりますが、一般的には以下のような手順で進行します。

修理の最初のステップは、損傷部分の詳細な評価です。この段階では、損傷の範囲、深さ、影響を受けた部品の状態を専門家が慎重に調査します。この評価に基づき、修理の範囲、必要な部品の交換、および修理にかかる時間とコストの見積もりが行われます。

次に、損傷部分の分解が行われます。これには、損傷したパネルや部品の取り外し、必要に応じて交換部品の準備が含まれます。この段階で、隠れた損傷が発見されることもあり、修理計画の調整が必要になる場合があります。

損傷部分が取り外された後、板金作業が行われます。この工程では、ヘコミや曲がった部分を修正し、車体の形状を元の状態に戻します。重要なのは、車の構造的な強度を損なわないようにすることです。必要に応じて、新しいパネルや部品が取り付けられます。

板金作業の後、パテ処理と研磨が行われます。この工程では、小さなキズや凹凸を滑らかにし、塗装のための適切な基盤を作り出します。研磨は、表面を完全に滑らかにするために細心の注意を払って行われます。

続いて、塗装作業が行われます。塗装は、車の外観を回復させるだけでなく、修理された部分を環境から保護する役割も果たします。塗装は、車の元の色に合わせて精密に行われ、色の一致が重要です。塗装は複数の層で行われ、各層は均一に塗布されます。

最後に、組み立てと最終的な検査が行われます。この段階では、取り外された部品や新しい部品が車体に取り付けられ、すべての機能が正常に動作することを確認します。最終的な検査では、修理の品質と車の安全性がチェックされます。

プロによる大きな損傷の修理は、車の安全性と機能性を保つために非常に重要です。専門的な技術と慎重な作業によって、車は元の状態に近い形で修復され、長期間にわたってその性能を維持することができます。修理プロセスは、車の種類や損傷の程度によって異なるため、専門家の評価と適切な修理計画が不可欠です。

自動車のメンテナンスと板金塗装

定期的な点検とメンテナンスの重要性

車の定期的な点検とメンテナンスは、安全運転のために非常に重要です。これには、車の性能を最適な状態に保ち、予期せぬ故障や事故を防ぐという意味があります。また、定期的なメンテナンスは、車の寿命を延ばし、将来的な修理コストを削減する効果もあります。

車の点検とメンテナンスには、エンジンオイルやブレーキフルードの交換、タイヤの空気圧のチェック、ブレーキパッドの摩耗状態の確認などが含まれます。これらの作業は、車の性能を維持し、安全な運転環境を確保するために不可欠です。例えば、エンジンオイルはエンジンの摩耗を防ぎ、効率的な運転を支援します。古いまたは汚れたオイルは、エンジンの性能を低下させ、故障のリスクを高める可能性があります。

また、タイヤの空気圧は、車の操縦性や燃費に直接影響します。適切な空気圧を維持することで、タイヤの摩耗を均等にし、燃費を改善することができます。ブレーキシステムの点検も重要で、ブレーキパッドの摩耗やブレーキフルードの状態を定期的にチェックすることで、安全なブレーキ性能を保つことができます。

さらに、定期的なメンテナンスは、車の価値を維持するのにも役立ちます。よく維持された車は、再販時に高い価値を保つ傾向があります。また、定期的なメンテナンスは、保証の条件を満たすためにも必要な場合があります。

車のメンテナンスは、専門の知識を持つメカニックによって行うのが最も安全です。しかし、一部のメンテナンス作業は自分で行うことも可能です。例えば、タイヤの空気圧のチェックやオイルレベルの確認などは、比較的簡単に自分で行うことができます。

車のメンテナンススケジュールは、車のメーカーやモデルによって異なります。車の取扱説明書には、推奨されるメンテナンススケジュールが記載されているため、これを参考にすることが重要です。

板金塗装を含む全体的な車のケア

車のケアは、単に洗車や定期的なメンテナンスに留まらず、板金塗装を含む全体的な維持管理が必要です。車を長期間にわたって最適な状態で保つためには、外観のケアと機械的なメンテナンスの両方が重要です。

板金塗装は、車の外観を維持し、車体を保護する上で重要な役割を果たします。交通事故や小さな衝突、自然の要因によるキズやヘコミは、見た目の問題だけでなく、車体の錆や構造的な問題を引き起こす可能性があります。板金塗装によってこれらの損傷を修復することで、車はその美観を保ち、さらなる損傷から保護されます。また、定期的な塗装は、車体の色褪せや紫外線によるダメージを防ぐ効果もあります。

車の機械的なメンテナンスには、エンジンオイルの交換、ブレーキのチェック、タイヤの空気圧調整などが含まれます。これらのメンテナンスは、車の性能を維持し、安全な運転を確保するために不可欠です。また、定期的な点検によって、小さな問題が大きな故障に発展するのを防ぐことができます。

さらに、車内の清掃とメンテナンスも重要です。車内を清潔に保つことで、快適な運転環境を維持し、車内装備の劣化を防ぐことができます。エアコンフィルターの交換やダッシュボードの清掃など、定期的な車内のメンテナンスは、車の内部環境を良好に保つために重要です。

車のケアには、洗車も含まれます。定期的な洗車は、車体の汚れや塩分を除去し、錆の発生を防ぎます。特に冬季には、融雪剤等の塩分が車体に付着しやすいため、頻繁な洗車が推奨されます。洗車後のワックスがけは、塗装を保護し、車の光沢を維持するのに役立ちます。

車のケアは、その価値を維持するためにも重要です。よく維持された車は、再販時に高い価値を保つ傾向があります。定期的なケアとメンテナンスによって、車は長期間にわたってその性能と美観を保つことができます。車のケアは、単なるメンテナンス以上のものであり、車との長い関係を築くための重要な投資です。

修理後の注意事項とメンテナンス

車の修理後は、その後のケアとメンテナンスが非常に重要です。修理された車は適切な扱いと定期的なチェックを必要とし、これにより修理の効果を長持ちさせ、車の性能を最大限に引き出すことができます。

修理後の最初のステップは、修理された部分の慎重な検査です。これは、修理が適切に行われたことを確認し、未解決の問題がないかをチェックするために重要です。特に、板金塗装が行われた場合は、塗装の仕上がりや色の一致を確認し、表面に波打ちや不均一な箇所がないかを検査します。また、修理された部分の機能が完全に回復しているかどうかも確認する必要があります。

修理後の車は、特に最初の数週間は注意深く運転することが推奨されます。新しく塗装された表面は、完全に硬化するまでに時間がかかるため、この期間中は過度の熱や極端な温度変化を避けることが望ましいです。また、新しい塗装面は傷つきやすいため、洗車時には柔らかい布やスポンジを使用し、強い摩擦を避けることが重要です。

修理された車のメンテナンスには、定期的な点検が含まれます。これには、エンジンオイルの交換、ブレーキのチェック、タイヤの空気圧調整などが含まれます。特に修理された部分に関しては、定期的に状態をチェックし、必要に応じて追加の調整や修理を行うことが重要です。

また、修理後の車は、適切な保管が必要です。車を屋外に長時間放置すると、天候や環境の影響を受けやすくなります。可能であれば、車をガレージやカーポートなどの屋根付きの場所に保管することで、車体を保護し、修理の効果を長持ちさせることができます。

まとめ

車の板金塗装と穴埋めは、単に車の外観を美しく保つだけでなく、車体の構造的な健全性を維持するためにも極めて重要です。日常生活で避けられない小さなキズやヘコミから、交通事故による大きな損傷に至るまで、車は様々な外的要因に晒されます。これらの損傷を適切に修理することで、車は長期間にわたってその性能と外観を保つことができます。

板金塗装のプロセスは、損傷した車体部分の形状を元に戻すことから始まり、穴埋め、研磨、そして塗装と続きます。特に穴埋めは、塗装の前の最終仕上げとして非常に重要であり、仕上がりの品質を左右します。適切な板金塗装は、車の美観を回復させるだけでなく、車体を環境から保護し、錆や腐食を防ぐ役割も果たします。

車のメンテナンスにおいては、定期的な点検と適切なケアが不可欠です。エンジンオイルの交換、ブレーキのチェック、タイヤの空気圧調整など、基本的なメンテナンスは車の性能を維持し、安全な運転を確保するために重要です。また、車内の清掃や適切な保管も、車の長期的な健全性を保つために重要です。

修理後の車は特に注意が必要で、新しく塗装された表面は完全に硬化するまで慎重な扱いを要します。また、修理された部分の定期的な点検と、必要に応じた追加の調整や修理も重要です。

最終的に、車の板金塗装と穴埋めは、車の美観と機能性を長期間保つために不可欠な要素です。適切なケアとメンテナンスによって、車は安全で快適な運転環境を提供し続けることができます。車のケアは、単なるメンテナンス以上のものであり、車との長い関係を築くための重要な投資です。

よくある質問

Q.事前の見積は可能ですか?
A.はい可能です。
お見積りは無料で行っていますのでお気軽にご相談ください。
LINEでもご相談いただけます。
※車検証のお写真もご一緒にお送りください。

Q.代車は借りれますか?
A.はい可能です。
無料でお貸ししておりますのでお気軽にご相談ください。
お車をお預かりしている期間中に代車が必要な方は、事前にお伝えいただけますとスムーズにご案内可能です。

Q.車検はお願いできますか?
A.はい可能です。
最短2日の車検も承ります。お車の整備点検等も実施いたしますのでご安心ください。「車検証」「自賠責保険証」「自動車税納税証明書」「認めの印鑑」を必ずご持参ください。

Q.修理に納得いかなかった場合はどうなりますか?
A.万一不具合がございましたら修理後3年間保証いたします。
なお、車両保有者に変更があった場合は、その時点で保証補効力は失効いたします。詳しくはお気軽にご相談ください。

 

店舗概要

店舗名・・・ Body Shop Honda
所在地・・・〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
電話番号・・・ 072-653-5060

会社概要

Company

会社名 有限会社ボディショップホンダ
(Body Shop Honda)
管理代表者 本田 貴宏
所在地 〒566-0052
大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
TEL & FAX 072-653-5060 
※不在時は携帯電話に転送いたします
アドレス info@bsh.osaka
営業時間 9:00~19:00
定休日 不定休(土日祝 対応可)
お支払い 各種クレジットカードをご利用いただけます
URL https://bsh.osaka/
BODY SHOP HONDA

国産車・輸入車の凹み修理、板金塗装、カーコーティングのことなら、
私たちボディショップホンダへご依頼ください

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可) 072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可)

LINE友だち登録で簡単お見積も行っております

Lineで簡単お見積を依頼する Lineで簡単お見積を依頼する

2022- Copyright Body Shop Honda. All rights reserved.