お急ぎの方は
お電話でお問い合わせください。

072-653-5060
LINEで簡単お見積り
当社へのアクセス

お車の凹み修理をお考えの方へ

Column

トラックの板金塗装!専門的な修理と塗装技術で安全な走行をサポート

トラックの板金塗装は、事故や長期間の使用による損傷を修復し、美しい外観を保つために欠かせない作業です。トラックは過酷な環境で使用されることが多く、そのためボディに傷や凹みが生じやすいです。適切な板金塗装を行うことで、トラックの耐久性を高め、見た目も新車同様に蘇らせることができます。

例えば、長年物流業界で使用されているトラックは、日々の荷物の積み降ろしや長距離走行によって、ボディが劣化しやすくなります。このような状況下で、専門的な板金塗装を施すことで、車両の寿命を延ばし、事故防止にも繋がります。

また、板金塗装はただの修復作業にとどまらず、企業のイメージアップにも寄与します。整備された美しいトラックは、顧客に対する信頼感を高め、ビジネスにおいて大きなプラスとなります。実際の修理現場では、熟練した技術者が最新の設備を駆使し、細部まで丁寧に作業を行います。

このように、トラックの板金塗装は単なる美観の回復だけでなく、安全性と信頼性を確保するために重要な役割を果たします。修理の際には、経験豊富な専門家に依頼することが肝心です。

トラックの板金塗装とは

板金塗装の基本

板金塗装は、自動車のボディに生じた損傷を修復し、美しい外観を保つための重要な作業です。トラックのような大型車両は、過酷な環境で使用されることが多く、その結果としてボディに傷や凹みが生じやすくなります。このような損傷を放置すると、車両の寿命が短くなるだけでなく、安全性にも影響を与えるため、早めの修理が求められます。

板金塗装の基本的な工程は、まず損傷部分の修復から始まります。事故や衝突で歪んだフレームやボディの形状を元に戻すため、専用の工具と技術を駆使して丁寧に作業を進めます。経験豊富な技術者が担当し、トラックの強度を維持しながら修復作業を行うことが重要です。

次に行われるのは下地処理です。下地処理は、修復された部分を滑らかにし、塗料がしっかりと付着するようにするための工程です。この作業では、サンドペーパーや特殊な機器を使って表面を整えます。特にトラックのような大型車両の場合、広範囲にわたる作業が必要となるため、十分な時間と手間をかけて行います。

下地処理が完了したら、防錆処理を施します。防錆処理は、塗装面が錆びないようにするための重要な工程です。錆びは車両の劣化を早める原因となるため、この処理をしっかり行うことが求められます。トラックは特に錆びやすい環境で使用されることが多いため、防錆処理の品質が車両の寿命に大きく影響します。

その後、実際の塗装作業に移ります。塗装は、車両の外観を美しく保つだけでなく、環境からボディを保護する役割も果たします。塗装には複数の層があり、下塗り、中塗り、上塗りと順に塗り重ねていきます。これにより、塗装の耐久性が高まり、長期間にわたって美しい状態を維持することができます。使用する塗料の選定も重要で、環境に配慮したエコフレンドリーな塗料を使用することが増えています。

塗装が完了した後は、仕上げと品質確認の工程が待っています。塗装面のムラや異常がないかを細かくチェックし、完璧な仕上がりを確認します。この工程では、目視検査だけでなく、専用の機器を使った検査も行います。これにより、塗装の品質を保証し、顧客に満足してもらえる仕上がりを提供します。

板金塗装の基本を理解することで、トラックの修理がどれだけ重要であるかが分かります。実際の修理現場では、高度な技術と最新の設備を駆使して、細部まで丁寧に作業を行います。例えば、事故で大きなダメージを受けたトラックを修復する際には、フレームの歪みを直すために高度な技術が求められます。また、塗装作業では、塗料の選定から塗布方法まで、細心の注意を払って作業を行います。

このように、板金塗装は単なる美観の回復だけでなく、トラックの安全性と耐久性を確保するために重要な役割を果たします。修理の際には、経験豊富な専門家に依頼することが肝心です。熟練した技術者が最新の設備を使って行う板金塗装は、トラックの寿命を延ばし、長期間にわたって安心して使用できる状態を保つことができます。

必要性とメリット

トラックの板金塗装は、損傷を修復し、車両の外観と機能を保つために欠かせない作業です。まず、板金塗装の必要性について考えてみます。トラックは日々の業務で多くの距離を走行し、荷物の積み降ろしや長時間の運転に耐えるため、ボディに傷や凹みが生じやすいです。特に物流業界では、車両の外観が企業のイメージに直結するため、定期的なメンテナンスが必要です。

実際に経験した事例を挙げると、ある物流会社のトラックが事故に遭い、大きな損傷を受けました。このトラックは、板金塗装の専門業者に依頼して修理を行いました。修理の過程では、フレームの歪みを直し、損傷部分を再構築し、最終的には新車同様の外観に仕上げることができました。このような修理は、車両の安全性を確保し、運転者の安心感を高めるために不可欠です。

板金塗装のメリットとしては、まず第一に車両の耐久性が向上する点が挙げられます。傷や凹みを放置すると、そこから錆びが発生し、車両の寿命が短くなります。適切な修理を行うことで、車両の構造的な強度が保たれ、長期間にわたって安全に使用することが可能です。また、トラックの外観が美しく保たれることで、企業のイメージアップにもつながります。特に顧客と直接接する機会が多い業界では、見た目の良い車両は信頼感を高める要素となります。

さらに、板金塗装には経済的なメリットもあります。新しいトラックを購入するのは高額な投資となりますが、既存の車両を修理して使用することで、コストを抑えることができます。また、修理した車両を長期間使用できるため、全体的なメンテナンスコストも削減できます。定期的なメンテナンスと適切な修理を行うことで、トラックの総合的な運用コストを低減し、企業の経済的な負担を軽減することが可能です。

環境面でも板金塗装のメリットがあります。新しい車両を製造する際には多くの資源とエネルギーが必要となりますが、既存の車両を修理して再利用することで、資源の節約と環境負荷の低減につながります。特にエコロジーが重視される現代社会において、修理と再利用は持続可能な経営の一環として評価されています。

以上のように、トラックの板金塗装には多くの必要性とメリットがあります。安全性、経済性、環境保護の観点からも、定期的なメンテナンスと適切な修理が重要です。専門的な技術を持つ業者に依頼することで、トラックの性能を最大限に引き出し、安全で信頼性の高い運用を続けることができます。実際の修理現場で得られた経験と知識を活かして、車両の長寿命化と運用コストの削減を目指しましょう。

板金塗装の工程

損傷部分の修復

板金塗装の工程の中でも、損傷部分の修復は最も重要なステップです。損傷が発生すると、まずその範囲と深刻度を正確に評価することから始めます。トラックのような大型車両の場合、損傷の範囲は広がりやすく、フレーム自体が歪むこともあります。そのため、徹底的な検査が必要です。

最初に行うのは、損傷部分の洗浄と準備です。これにより、損傷の正確な状態が確認できるようになります。次に、損傷が軽微な場合は、凹みを引き出すための専門的なツールを使用します。例えば、専用のプーラーを使って凹みを元の位置に戻す作業です。この工程では、少しずつ力を加えながら慎重に進めます。

しかし、損傷が深刻な場合やフレーム自体が歪んでいる場合は、より高度な修復が必要です。フレームの修復には、フレーム修正機を使用します。この機械は、フレーム全体を正確な位置に戻すための強力な引っ張り力を提供します。修正機にトラックを固定し、損傷部分に対して均等な力をかけることで、フレームの歪みを修正します。ここで重要なのは、均等な力をかけることで、フレーム全体に負担がかからないようにすることです。

また、損傷部分の修復には溶接作業も含まれます。トラックのボディは、鉄やアルミニウムなどの異なる金属で構成されているため、それぞれの素材に適した溶接技術が必要です。鉄の場合は、アーク溶接やガス溶接が一般的に使用されます。アルミニウムの場合は、特別なアルミ溶接機を使用し、適切な温度と技術で溶接を行います。溶接部分が強固であることを確認するために、溶接後には必ず強度テストを行います。

さらに、修復作業では新しい部品の取り付けも行われます。損傷が激しく、元の部品が再利用できない場合は、新しい部品に交換します。これには、ドア、フェンダー、バンパーなどの外装部品だけでなく、内部のフレーム部品も含まれます。新しい部品を正確に取り付けるためには、ミリ単位の精度が求められます。取り付け後は、全体のバランスや隙間の調整を行い、車両全体の一体感を保つようにします。

また、修復作業の最後には、塗装の前準備としてサンディングとプライマーの塗布が行われます。サンディングは、表面を滑らかにし、新しい塗料がしっかりと付着するようにするための工程です。プライマーは、防錆効果を持つ下地塗料で、これを塗布することで錆びを防ぎ、塗装の持ちを良くします。プライマーを塗布する際には、薄く均一に塗ることが重要です。

修復が完了した段階で、車両全体を再チェックします。修復部分の強度、フレームの歪み、部品の取り付け具合などを再確認し、問題がないことを確認します。この段階で、少しでも問題があれば再度調整を行います。修復が完璧であることを確認した後、次の工程である塗装に移ります。

以上が、トラックの板金塗装における損傷部分の修復の流れです。この工程を丁寧に行うことで、トラックの安全性と耐久性を保ち、長期間にわたって安心して使用することができます。経験豊富な技術者が専門的な技術と最新の設備を駆使して作業を行うことで、最良の結果を提供します。

下地処理と塗装

下地処理と塗装は、トラックの板金塗装において欠かせない重要な工程です。まず、下地処理について説明します。修復が完了した損傷部分の表面を滑らかにするためにサンディングを行います。この工程では、細かいサンドペーパーを使用して表面の不純物や細かな傷を取り除きます。サンディングが不十分だと、塗料の密着性が低下し、仕上がりが悪くなります。

次に行うのはプライマーの塗布です。プライマーは、防錆効果を持つ下地塗料で、塗装面に塗料がしっかりと密着するようにします。スプレーガンを使って薄く均一に塗り広げ、乾燥時間を十分に取ります。乾燥が不十分だと塗装が剥がれやすくなります。

プライマーが完全に乾燥した後、さらに細かいサンドペーパーで表面を整えます。これにより、塗装の仕上がりが滑らかになり、次に塗る塗料が均一に広がります。

次に塗装工程に移ります。塗装は車両の外観を決定づける重要な作業です。まず、ベースコートを塗布します。ベースコートは、最終的な色を決める塗料で、薄く均一に塗り重ねます。複数回に分けて塗布し、それぞれの層が完全に乾燥するのを待ちます。これにより、色ムラがなくなり、美しい仕上がりを実現できます。

ベースコートが完全に乾燥したら、クリアコートを塗布します。クリアコートは、塗装面を保護し、光沢を出すための透明な塗料です。クリアコートを塗ることで、塗装面の耐久性が向上し、外部からのダメージを防ぎます。クリアコートもベースコートと同様に、薄く均一に塗り重ねます。クリアコートの層が厚いほど、耐久性と光沢が増します。

塗装が完了したら、最終的な仕上げとしてポリッシングを行います。ポリッシングは、塗装面をさらに滑らかにし、光沢を出すための工程です。ポリッシャーという機械を使用して塗装面を磨き上げます。この工程により、塗装面の小さな傷や不純物を取り除き、鏡のような輝きを持つ美しい仕上がりが得られます。

これらの工程を経て、トラックは新車同様の美しい外観を取り戻します。これにより、トラックの耐久性が向上し、長期間にわたって使用することができます。経験豊富な技術者が丁寧に作業を行うことで、トラックの性能と美しさを最大限に引き出します。専門的な知識と技術を駆使して行われる下地処理と塗装は、車両の長寿命化と信頼性向上に大きく貢献します。

仕上げと品質確認

仕上げと品質確認は、トラックの板金塗装における最終かつ重要な工程です。これらの工程は、修理や塗装の品質を保証し、美しい外観と耐久性を確保するために欠かせません。

まず、塗装が完了した後の最初の作業はポリッシングです。ポリッシングは、塗装面を滑らかにし、深い光沢を出すための工程です。専用のポリッシャーと細かいコンパウンドを使用して表面を磨きます。この作業により、塗装面の小さな傷や不純物が取り除かれ、鏡のような美しい仕上がりが得られます。経験豊富な技術者が丁寧にポリッシングを行うことで、塗装面の輝きが一層増し、トラックの外観が見違えるようになります。

次に行うのは品質確認です。品質確認では、塗装や修理のすべての工程が適切に行われたかどうかを詳細にチェックします。まず、目視検査を行い、塗装面にムラや色の違いがないかを確認します。次に、塗装の厚みや硬度を測定するための専用の機器を使用し、規定の基準を満たしているかを確認します。これにより、塗装の品質が確保されていることを確認するための厳密な検査が行われます。

また、耐久性のテストも重要です。塗装面が日常の使用環境でどれだけの耐久性を持つかを確認するために、さまざまな条件下でのテストが行われます。例えば、紫外線や高温、多湿環境での耐久性を確認する試験があります。これにより、塗装が長期間にわたって美しさと耐久性を保つことができるかを確認します。

さらに、修理箇所の強度確認も行います。溶接部分や修復したフレームの強度を測定し、規定の基準を満たしているかを確認します。これにより、トラックの安全性が確保されることが確認されます。修理後のトラックは、元の状態よりも強度が増していることが多く、安心して使用することができます。

これらの品質確認工程を通じて、最終的な仕上がりが最高水準であることを保証します。例えば、あるトラックが大規模な事故によって損傷を受けた後、徹底的な修理と塗装が行われました。修理後の品質確認では、全ての基準を満たし、厳しい耐久性テストもクリアしました。その結果、修理されたトラックは新車同様の性能と美しさを取り戻し、長期間にわたって安心して使用することができました。

仕上げと品質確認の工程は、トラックの板金塗装において非常に重要な役割を果たします。これらの工程を丁寧に行うことで、トラックの外観が美しく保たれるだけでなく、安全性と耐久性が確保されます。専門的な知識と技術を持つ技術者が、最新の設備と厳密な品質管理を行うことで、最高の結果を提供します。

トラックの特殊な修理事例

特殊車両の板金塗装

特殊車両の板金塗装は、一般的な車両と比べて高い専門性と技術が求められる作業です。特殊車両には、例えば救急車、消防車、物流用の大型トラックなどが含まれます。これらの車両は、特定の目的や用途に応じて設計されており、その構造や素材も多岐にわたります。

まず、特殊車両の板金塗装には高い技術が必要です。例えば、救急車のような緊急車両は、高速で移動することが多く、その際に受ける外部からの衝撃や損傷を最小限に抑えるための特別な構造を持っています。そのため、板金塗装の際には、その構造を損なわないように修復する技術が求められます。経験豊富な技術者が、車両の特性を理解しながら慎重に作業を進めることで、元の強度と外観を回復させることができます。

さらに、特殊車両には使用される素材が異なることも多いです。例えば、消防車には耐熱性が求められるため、特別な金属素材が使われていることがあります。これらの素材に対応するためには、専用の工具や設備が必要です。また、塗装に使用する塗料も、耐熱性や耐久性に優れたものを選ぶ必要があります。一般的な車両用の塗料では十分な性能が得られないことが多いため、特殊車両専用の高性能塗料を使用します。

また、物流用の大型トラックの場合、長距離を走行するために耐久性が特に重要です。これらのトラックは、多くの場合、長時間にわたる使用や過酷な環境での運用が想定されているため、塗装の耐久性が非常に重要となります。高品質な板金塗装は、トラックの耐久性を向上させ、長期間にわたって美しい外観を保つことができます。

実際の作業現場では、特殊車両の板金塗装には多くのチャレンジが伴います。例えば、ある物流会社の大型トラックが事故で損傷を受けた際、その修理には高度な技術が必要でした。フレームの修正から始まり、特殊な金属素材の修復、そして高耐久性の塗料を使った塗装まで、すべての工程が慎重に行われました。結果として、トラックは元の性能と外観を取り戻し、再び長距離の運用に耐えうる状態になりました。

特殊車両の板金塗装には、単に美しい仕上がりを追求するだけでなく、車両の機能性と安全性を確保するための高度な技術と知識が必要です。経験豊富な技術者が、最新の設備と材料を駆使して作業を行うことで、特殊車両の性能を最大限に引き出します。

また、特殊車両はその用途に応じた特別な要件を満たす必要があります。例えば、救急車や消防車は、常に迅速かつ安全に現場に到達することが求められるため、その外観だけでなく、機能性や信頼性も極めて重要です。これらの車両の板金塗装作業は、単なる修理ではなく、車両全体のパフォーマンスを最大限に引き出すための重要なプロセスといえます。

特殊車両の板金塗装においては、高度な技術と経験を持つ専門家が、最新の技術と設備を駆使して作業を行います。これにより、車両の機能性と安全性を確保し、長期間にわたって信頼できるパフォーマンスを提供します。

アルミやステンレスの修復

アルミやステンレスの修復には、高度な専門知識と技術が必要です。これらの素材は軽量で耐久性が高い反面、修復には特別な手法が求められます。ここでは、アルミとステンレスの修復過程について具体的に説明します。

アルミの修復では、まず損傷部分の状態を詳しく確認します。アルミは柔らかく変形しやすいため、損傷が広範囲に及ぶことが多いです。例えば、物流業界で使われるアルミ製トラックのフレームが事故で大きく曲がった場合、その修復には高度な技術が必要です。アルミは熱による変形を起こしやすいため、溶接作業には特別な注意が必要です。適切な温度管理と熟練した技術者による正確な操作が求められます。

まず、損傷部分の修復には専用の工具を使い、アルミの特性を考慮しながら慎重に作業を進めます。プーラーやハンマーを使って元の形状に戻す工程では、力加減を調整しながら少しずつ形を整えます。この際、素材の柔軟性を理解し、無理な力を加えないことが重要です。

次に行うのは溶接です。アルミ溶接には、特別なアルゴンガスを使用したTIG溶接が一般的です。アルミは酸化しやすく、溶接中に酸素と反応して脆くなるため、アルゴンガスで酸化を防ぎながら作業を行います。溶接部の強度を確保するためには、適切な温度管理と技術者の熟練した技術が必要です。溶接が完了した後、溶接部分の強度を確認するためのテストも行います。

ステンレスの修復も同様に高い専門性が求められます。ステンレスは耐食性が高く、強度があるため、産業用車両や特別な用途の車両に多く使用されます。しかし、その硬さゆえに修復作業は難しくなります。例えば、ステンレス製のトラックのボディが衝撃を受けてへこんだ場合、その修復には強い力が必要です。

ステンレスの修復には、まず損傷部分をきれいにし、必要に応じて熱処理を行います。ステンレスは硬く、加工が難しいため、専用の機械を使用して慎重に作業を進めます。熱処理を行うことで、ステンレスの硬さを一時的に柔らかくし、修復作業を容易にします。

次に、溶接作業に移ります。ステンレス溶接には、MIG溶接が一般的です。MIG溶接は、アルゴンガスと二酸化炭素ガスを混合して使用する方法で、ステンレスの高い耐食性を維持しながら強固な接合が可能です。溶接部分は、溶接後に研磨して仕上げ、元の外観と強度を回復させます。

実際の修復作業では、トラックの修復事例が参考になります。例えば、物流会社で使用されていたステンレス製トラックが衝撃で損傷した際、その修復には熟練した技術者が必要でした。損傷部分を丁寧に修復し、溶接部分の強度をテストすることで、トラックは再び安全に使用できる状態になりました。

アルミやステンレスの修復は、高度な技術と専門知識を要する作業です。適切な工具と技術を駆使し、細部にまで注意を払いながら作業を行うことで、車両の性能と外観を最大限に回復させることができます。これにより、車両の耐久性と安全性を保ち、長期間にわたって安心して使用できるようになります。

改造やカスタマイズ

改造やカスタマイズは、トラックや特殊車両の性能や機能を向上させるための重要なプロセスです。この作業は、顧客の特定のニーズや用途に応じて車両を適応させるために行われます。まず、改造やカスタマイズの具体例として、物流業界での経験に基づいた事例を紹介します。

ある物流企業が使用しているトラックの例です。この企業は、荷物の積み降ろしを効率化するために、トラックの荷台をカスタマイズすることを決定しました。具体的には、荷台の高さを調整できる機能を追加し、フォークリフトでの作業がしやすいように改造しました。この改造には、荷台の構造を変更し、油圧システムを追加する工程が含まれます。技術者は、トラックの既存のフレームと新しい部品との接合部を強化し、改造後も車両全体の強度と安全性が保たれるように慎重に作業を進めました。

カスタマイズの一環として、車両の外装や内装を変更することもあります。例えば、特定のブランドや企業イメージに合わせた塗装やデザインを施すことがあります。このような外装の変更は、車両が企業の広告媒体としても機能するため、非常に効果的です。内装のカスタマイズでは、運転手の快適性を向上させるための装備や、作業効率を高めるための設備が追加されることが多いです。

また、特殊車両の場合、特定の任務に応じた装備の追加が必要です。例えば、消防車や救急車には、緊急時に必要な機器や設備が搭載されます。これらの装備は、迅速かつ安全に作業を行うために欠かせないものであり、車両の設計段階から慎重に計画されます。技術者は、これらの装備を取り付ける際に、車両全体のバランスや安全性を考慮しながら作業を進めます。

トラックの改造やカスタマイズには、高度な技術と専門知識が必要です。例えば、荷台の改造や特別な装備の追加には、溶接技術や機械工学の知識が求められます。技術者は、車両の仕様や構造を詳細に理解し、改造が車両の性能や安全性に与える影響を評価します。また、改造後の車両が法的な規定を満たしているかどうかも確認しなければなりません。

改造やカスタマイズの成功は、技術者の経験とスキルに大きく依存します。顧客のニーズを正確に把握し、最適なソリューションを提供するためには、高度な専門知識と豊富な実践経験が必要です。これにより、車両の性能と安全性が最大限に引き出され、顧客の期待に応えるカスタマイズが実現します。

まとめ

板金塗装は、トラックの修復と美観を保つために重要です。トラックは過酷な条件で使用されるため、外装に傷や凹みが生じやすくなります。これを放置すると寿命が短くなるだけでなく、安全性にも影響します。板金塗装は、損傷を修復し、トラックの外観と機能を回復させるための重要な工程です。

損傷部分の修復には高度な技術が必要です。フレームの歪みや凹みを修正し、サンディングとプライマー塗布で塗料の密着性を高めます。ベースコートを薄く均一に塗り、複数回重ねることで美しい仕上がりを実現し、クリアコートで保護と光沢を出します。ポリッシングにより、さらに滑らかで光沢のある仕上がりになります。

仕上げと品質確認では、塗装のムラや厚みを検査し、基準を満たしているか確認します。耐久性テストも行い、外部環境に耐えうるかを確認します。これにより、トラックの安全性と美観が長期間維持されます。経験豊富な技術者が最新の設備を駆使して行う板金塗装は、トラックの性能と信頼性を最大限に引き出し、安全かつ美しく長期間使用することを可能にします。

 

よくある質問

Q.事前の見積は可能ですか?
A.はい可能です。
お見積りは無料で行っていますのでお気軽にご相談ください。
LINEでもご相談いただけます。
※車検証のお写真もご一緒にお送りください。

Q.代車は借りれますか?
A.はい可能です。
無料でお貸ししておりますのでお気軽にご相談ください。
お車をお預かりしている期間中に代車が必要な方は、事前にお伝えいただけますとスムーズにご案内可能です。

Q.車検はお願いできますか?
A.はい可能です。
最短2日の車検も承ります。お車の整備点検等も実施いたしますのでご安心ください。「車検証」「自賠責保険証」「自動車税納税証明書」「認めの印鑑」を必ずご持参ください。

Q.修理に納得いかなかった場合はどうなりますか?
A.万一不具合がございましたら修理後3年間保証いたします。
なお、車両保有者に変更があった場合は、その時点で保証補効力は失効いたします。詳しくはお気軽にご相談ください。

 

店舗概要

店舗名・・・ Body Shop Honda
所在地・・・〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
電話番号・・・ 072-653-5060

会社概要

Company

会社名 有限会社ボディショップホンダ
(Body Shop Honda)
管理代表者 本田 貴宏
所在地 〒566-0052
大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
TEL & FAX 072-653-5060 
※不在時は携帯電話に転送いたします
アドレス info@bsh.osaka
営業時間 9:00~19:00
定休日 不定休(土日祝 対応可)
お支払い 各種クレジットカードをご利用いただけます
URL https://bsh.osaka/
BODY SHOP HONDA

国産車・輸入車の凹み修理、板金塗装、カーコーティングのことなら、
私たちボディショップホンダへご依頼ください

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可) 072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可)

LINE友だち登録で簡単お見積も行っております

Lineで簡単お見積を依頼する Lineで簡単お見積を依頼する

2022- Copyright Body Shop Honda. All rights reserved.