お急ぎの方は
お電話でお問い合わせください。

072-653-5060
LINEで簡単お見積り
当社へのアクセス

お車の凹み修理をお考えの方へ

Column

水性塗料と油性塗料の種類と特徴!自動車塗装に必要な工具と技術を徹底解説

自動車塗装は、美しい仕上がりを追求するだけでなく、車両の保護や価値の維持にも重要な役割を果たします。塗装の種類や方法、使用する工具により、仕上がりや耐久性が大きく変わります。例えば、水性塗料と油性塗料にはそれぞれ特有のメリットがあり、適切な選択と技術が求められます。

板金塗装においては、車体の修理や補修が主な目的となり、高い技術が必要とされます。専門店で行われる板金塗装は、経験豊富な職人による高度な技術が使われ、耐久性と美観を兼ね備えた仕上がりが期待できます。一方、DIYでの塗装はコストを抑えることができますが、適切な工具の選び方や使用方法、作業環境の整備など、慎重な準備と知識が不可欠です。

自動車塗装に関する知識を深めることで、車両のメンテナンスや修理の際に適切な判断ができるようになります。プロの技術と最新の情報を活用し、愛車を美しく保ち、長く安全に使用するためのヒントを学びましょう。

塗装の基礎知識

塗料の種類とそれぞれの特徴

自動車塗装において、使用される塗料の種類は多岐にわたります。それぞれの塗料には特有の特徴があり、用途や求められる仕上がりによって適切なものを選ぶことが重要です。まず、水性塗料について考えてみます。水性塗料は環境に優しく、揮発性有機化合物(VOC)の排出が少ないため、最近では多くの自動車塗装で採用されています。速乾性があり、扱いやすい点が特徴ですが、湿度や気温の影響を受けやすいため、作業環境の管理が重要です。

一方、油性塗料は高い耐久性と艶やかな仕上がりが特徴です。特に、耐候性や耐化学薬品性が求められる場合には、油性塗料が適しています。しかし、油性塗料はVOCの排出が多いため、作業者の安全対策と環境への配慮が必要です。使用時には適切な換気設備のある作業場で行うことが推奨されます。

ウレタン塗料やアクリル塗料も広く使用されています。ウレタン塗料は耐久性と柔軟性があり、衝撃に強いため、自動車の外装に最適です。塗装後の硬化が早く、作業効率が良い点も魅力です。アクリル塗料は発色が良く、美しい光沢が出るため、デザイン性を重視する場合に用いられますが、耐久性はやや劣るため、保護コーティングとの併用が一般的です。

水性塗料と油性塗料の違い

自動車塗装で使用される塗料には、水性塗料と油性塗料の二つの大きなカテゴリーがあります。これらはそれぞれ異なる特徴と利点を持ち、用途や目的に応じて選ばれます。

水性塗料は環境に優しい選択肢として注目されています。水を主成分とするため、揮発性有機化合物(VOC)の排出が少なく、作業環境への負荷を軽減します。この点から、最近では多くの自動車塗装業者が水性塗料を採用しています。速乾性があり、塗装後の作業効率が良いのも特徴です。しかし、湿度や気温の影響を受けやすく、適切な環境管理が求められます。具体的な気候条件に応じた対策が必要です。

一方、油性塗料はその耐久性と仕上がりの美しさで知られています。溶剤として有機溶剤を使用しており、高い耐候性や耐化学薬品性を持つため、過酷な環境条件下でも優れた性能を発揮します。特に、外装の塗装には油性塗料が適しており、長期間にわたり美観を保つことができます。しかし、油性塗料はVOCの排出が多いため、作業時には適切な換気が必須となります。環境への影響を考慮しながら使用することが重要です。

作業者の健康と安全を守るためにも、油性塗料を使用する際には防護具の着用が求められます。水性塗料と比べて取り扱いに慎重さが必要であり、専門的な知識と技術が求められます。

このように、水性塗料と油性塗料にはそれぞれ独自の特性があり、用途や環境に応じて適切な選択をすることが重要です。環境への配慮とともに、仕上がりや耐久性を考慮して最適な塗料を選ぶことが、長く美しい自動車の外観を保つための鍵となります。専門家のアドバイスを参考にしながら、自分のニーズに合った塗料を選択することが大切です。

自動車塗装の基本的な流れ

自動車塗装の基本的な流れは、細かなステップを踏むことで高品質な仕上がりを実現します。まず、車両の洗浄から始まります。表面の汚れや油分を完全に除去し、塗装の密着性を高めるための重要な準備です。この過程を怠ると、仕上がりにムラが生じたり、塗装が剥がれやすくなったりすることがあります。

次に、研磨作業が行われます。既存の塗装面を研磨し、表面を滑らかに整えることで、新しい塗装が均一に塗布されるようにします。傷や凹みがある場合は、この段階でパテ埋めや修正を行います。パテが完全に乾燥した後、再度研磨して平滑な表面を作り出します。

下地処理として、プライマーを塗布します。プライマーは塗料の密着性を向上させるとともに、錆びを防ぐ役割も果たします。プライマーが乾燥したら、再度軽く研磨して表面を整えます。この工程が終わると、いよいよ塗装に入ります。

塗装は数回に分けて行われることが一般的です。まず、ベースコートを薄く塗り、乾燥させます。この作業を繰り返し、色が均一になるまで何層にも重ねていきます。ベースコートが完全に乾燥した後、クリアコートを塗布します。クリアコートは塗装面を保護し、艶やかな仕上がりを実現します。クリアコートも同様に、薄く何度も塗り重ねることで高品質な仕上がりを目指します。

乾燥と硬化の工程が続きます。専用の乾燥ブースで適切な温度と湿度管理のもと、塗装をしっかりと乾燥させます。乾燥が不十分だと、塗装面にシワやムラが生じる原因となります。完全に乾燥した後、仕上げとして磨き作業を行い、表面の光沢をさらに引き出します。

板金塗装とその重要性

板金塗装の目的と役割

板金塗装は、自動車の外観を美しく保ち、長期間にわたり車両の価値を維持するための重要な作業です。板金塗装の目的は、主に車体の損傷を修復し、新品同様の状態に戻すことです。事故や日常の使用によって発生する小さな凹みや傷を修理し、塗装を施すことで車両の見た目を美しく整えることができます。

板金塗装の役割には、まず第一に、外観の美観を保つことが挙げられます。傷や凹みは見た目を損ない、車両の価値を下げる原因となります。適切な板金修理と塗装を施すことで、車両は新品のような輝きを取り戻し、見た目の美しさが保たれます。

次に、板金塗装は車両の防錆対策にも重要な役割を果たします。金属部分が露出していると錆びやすくなり、放置すると車体全体に錆が広がる恐れがあります。塗装は金属を保護するバリアとして機能し、外部からの湿気や汚れの侵入を防ぎます。これにより、車両の耐久性が向上し、長期間にわたり良好な状態を維持できます。

板金塗装は安全面でも重要です。車体の損傷が修復されずに残っていると、その部分が弱くなり、次の事故や衝撃に対して脆弱になります。しっかりと修理された車両は、構造的に強化され、次回の衝撃時にも適切に力を分散することができます。これにより、車両の安全性が向上し、乗員を守る効果が期待できます。

板金塗装は高度な技術と専門知識を必要とする作業であり、適切な工具と材料を使用して行われます。熟練した技術者による丁寧な作業が求められ、その仕上がりは車両の価値や寿命に大きな影響を与えます。専門家の手による質の高い板金塗装は、車両を美しく保ち、安全に運行するために欠かせない要素です。

板金塗装のプロセスと技術

板金塗装のプロセスと技術は、車両の外観を美しく保ち、機能を復元するために欠かせません。この工程は細部にわたり高い専門性が要求されます。まず、損傷部分の確認から始まります。目視や触診によって凹みや傷の程度を評価し、適切な修理方法を決定します。

次に、損傷部分の修復に移ります。凹みがある場合は、専用の工具を使って元の形状に戻す作業を行います。これはパネルの裏側から押し出したり、特殊な吸引装置を使って引き出すことで行われます。この作業は非常に繊細で、表面に新たなダメージを与えないよう注意が必要です。

形状が整ったら、次はパテの使用です。パテは微細な凹凸を埋めるために使われ、塗装の下地を滑らかに整えます。パテが乾燥した後、サンドペーパーで滑らかに研磨し、均一な表面を作り上げます。この研磨作業は塗装の仕上がりに大きく影響するため、丁寧かつ慎重に行われます。

下地処理が終わると、プライマーを塗布します。プライマーは塗料の密着性を高める役割を果たし、また錆の発生を防ぎます。この工程が終わったら、いよいよ塗装に入ります。塗装は数回に分けて薄く均一に塗り重ねることで、美しい仕上がりと高い耐久性を実現します。

クリアコートを施します。クリアコートは塗装面を保護し、光沢を持たせるために欠かせない工程です。塗布後は専用の乾燥ブースで適切に乾燥させ、塗装面が完全に硬化するまで待ちます。硬化が完了すると、最終的な研磨と仕上げが行われ、塗装面の光沢と滑らかさを最大限に引き出します。

自動車塗装に使われる工具と道具

ポリッシャーやハケなどの基本的な工具

自動車塗装において使用される基本的な工具には、ポリッシャーやハケがあります。これらの工具は、塗装作業を効率的かつ高品質に行うために欠かせません。

まず、ポリッシャーについて説明します。ポリッシャーは電動工具で、研磨や仕上げに使用されます。塗装面を均一に磨くことで、光沢を引き出し、表面の微細な傷や不純物を取り除く役割を果たします。ポリッシャーを使用する際は、適切なパッドとコンパウンドを選び、速度や圧力を調整しながら慎重に操作します。これにより、塗装面にダメージを与えず、美しい仕上がりを実現します。

次に、ハケの役割についてです。ハケは手作業で塗料を塗布するための道具で、細部や難しい形状の部分に使用されます。特に、スプレーガンでは塗りにくい狭い箇所やエッジ部分に適しています。ハケを使う際には、塗料が均一に広がるように丁寧に塗布することが重要です。適切なハケを選ぶことで、ムラなく塗装を行うことができます。また、ハケは異なる素材や形状があり、用途に応じて使い分けることが求められます。

さらに、塗装作業にはスプレーガンも頻繁に使用されます。スプレーガンは広い面積を均一に塗装するために最適な工具です。塗料を霧状に噴霧することで、薄く均一な塗膜を形成します。スプレーガンを使用する際は、適切な空気圧と塗料の粘度を調整し、一定の距離と角度で噴霧することが重要です。これにより、仕上がりにムラがなく、美しい塗装が可能となります。

これらの工具は、それぞれ異なる役割を持ちながら、相互に補完し合うことで高品質な塗装を実現します。ポリッシャーでの磨き作業、ハケでの細部塗装、スプレーガンでの広範囲塗装といった手順を正しく行うことで、自動車の外観を美しく保ち、耐久性を向上させることができます。経験と技術を駆使して、最適な工具と方法を選び、確かな塗装作業を行うことが求められます。

塗装ローラーと刷毛の使い方

塗装ローラーと刷毛の使い方は、塗装作業の質を左右する重要な要素です。まず、塗装ローラーの使い方について説明します。

塗装ローラーは広い面積を均一に塗布するために使用され、壁や天井などの広い部分に適しています。ローラーを使う際は、まず塗料をトレイに入れ、ローラーに塗料を十分に含ませます。ローラーをトレイのリブ部分で軽く転がして余分な塗料を落とし、塗布する面に均等に塗料を広げます。ローラーの動きは一定方向にするのがポイントで、上から下へ、または左右に均一な力で転がすことでムラのない仕上がりを実現します。

次に、刷毛の使い方についてです。刷毛は細部や角、狭い場所の塗装に最適です。刷毛を使用する際は、まず塗料を適量つけ、余分な塗料を軽く落とします。刷毛を使って塗料を塗るときは、塗布する面に対して直角に動かすのではなく、軽く斜めに当てるようにして塗り広げます。これにより、塗料が均一に広がりやすくなります。また、刷毛の動きは短く軽く動かし、重ね塗りを繰り返すことでムラを防ぎます。特に角やエッジ部分では、細かく丁寧に塗布することが重要です。

塗装ローラーと刷毛を使い分けることで、広い面積から細部まで均一な塗装が可能になります。例えば、壁全体はローラーで大まかに塗り、窓枠や隅の部分は刷毛で仕上げるといった使い方が一般的です。この方法により、広範囲を効率よく塗りつつ、細部も美しく仕上げることができます。

塗装作業には準備が大切です。塗料の選定や下地処理、適切な工具の選択が仕上がりに大きく影響します。ローラーや刷毛の適切な使い方を習得することで、美しい仕上がりと長持ちする塗装が実現します。経験を積むことで、さらに技術が向上し、満足のいく結果を得られるでしょう。

自動車塗装に適した工具の選び方

自動車塗装に適した工具を選ぶことは、仕上がりの品質に直結する重要なポイントです。

まず、スプレーガンは自動車塗装における中心的な工具です。スプレーガンの選び方では、塗料の種類や粘度に対応できるモデルを選ぶことが重要です。例えば、水性塗料や油性塗料、それぞれに適したノズルサイズや圧力調整機能を持つスプレーガンを選定します。使用する塗料に最適なスプレーガンを選ぶことで、均一で滑らかな塗装が可能になります。

次に、エアーコンプレッサーも必要です。スプレーガンの動作には安定した空気圧が不可欠であり、エアーコンプレッサーはその供給源となります。選ぶ際には、スプレーガンに適した空気圧と容量を持つコンプレッサーを選定します。作業の規模に応じた適切なモデルを選ぶことで、連続使用時の圧力低下を防ぎ、安定した作業が可能になります。

また、塗装前の準備に必要な工具として、サンダーやサンドペーパーがあります。サンダーは電動工具で、塗装面を滑らかに研磨するために使用します。適切なグリットサイズのサンドペーパーを使用することで、表面を均一に整えることができます。サンダーの選定では、使用目的に応じた回転速度やパワーを考慮することが大切です。

さらに、塗装作業中や仕上げに必要なポリッシャーも選び方が重要です。ポリッシャーは塗装面を磨き上げ、光沢を出すための工具です。使用するパッドの種類やコンパウンドに適したポリッシャーを選ぶことで、均一な光沢を実現できます。操作性や持ちやすさも選定時のポイントです。

刷毛やローラーも適切に選ぶことが求められます。細部の塗装には刷毛を使用し、広い面積にはローラーが効果的です。材質やサイズ、形状に応じた適切なものを選ぶことで、塗料の塗布が均一に行えます。特に刷毛は塗料の吸い込みが良く、塗布しやすいものを選ぶことが肝心です。

塗装の環境と安全対策

塗装作業における環境への影響

塗装作業は、美しい仕上がりを実現するために重要ですが、その過程で環境に対して少なからず影響を及ぼすことがあります。特に自動車塗装においては、使用される塗料や溶剤から揮発性有機化合物(VOC)が放出されることが問題となります。VOCは大気中で化学反応を起こし、地球温暖化やオゾン層の破壊に寄与する物質です。これにより、環境や人間の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

塗装作業を行う際には、まず適切な換気設備を設置することが重要です。換気設備は、作業場内のVOC濃度を低減し、作業者が安全に作業できる環境を確保します。さらに、フィルターシステムを併用することで、空気中の有害物質を効率的に除去することができます。

次に、水性塗料の使用を検討することが推奨されます。水性塗料は、従来の油性塗料に比べてVOCの排出量が少なく、環境への負荷を軽減することができます。近年では、性能や耐久性に優れた水性塗料が多く開発されており、広く使用されています。適切な選択と使用により、美しい仕上がりを実現しつつ、環境保護に貢献することが可能です。

また、塗装作業時には廃棄物の適切な処理も欠かせません。使用済みの塗料缶や溶剤は、環境に有害な物質を含むため、適切に分別し、専門の廃棄物処理業者に引き渡す必要があります。これにより、環境への汚染を防ぐことができます。

作業者の安全確保も重要なポイントです。適切な個人用保護具(PPE)の使用は必須であり、防護マスクや手袋、保護メガネを着用することで、有害物質から身を守ることができます。さらに、作業場内の安全規則を厳守し、定期的な健康チェックを行うことで、作業者の健康被害を未然に防ぐことができます。

これらの対策を講じることで、塗装作業による環境への影響を最小限に抑え、安全かつ効率的に美しい仕上がりを実現することが可能です。環境保護と作業者の健康を両立させるためには、常に最新の情報と技術を取り入れ、適切な対応を行うことが求められます。

安全な塗装作業のための対策と注意点

安全な塗装作業を行うためには、いくつかの対策と注意点が必要です。

まず、作業環境の整備が重要です。塗装ブースは、適切な換気システムを備えた専用の作業場で行うことが推奨されます。換気システムは、有害物質を効率的に排出し、作業者が安全に作業できる環境を提供します。また、フィルターシステムを使用することで、塗料の微粒子や揮発性有機化合物(VOC)を効果的に除去できます。

次に、個人用保護具(PPE)の着用が必須です。塗装作業時には、防護マスク、手袋、保護メガネ、作業服を着用し、有害物質から身を守ります。特に、防護マスクはVOCや塗料の微粒子を吸入しないようにするために重要です。また、手袋は皮膚への直接接触を防ぎ、保護メガネは目を保護します。これらの保護具は作業の開始前に必ず確認し、適切に着用することが求められます。

塗料や溶剤の取り扱いにも注意が必要です。使用する塗料や溶剤は、メーカーの指示に従い、適切な方法で保管し、使用します。使用前には、必ず取扱説明書を読み、危険性や安全対策を理解しておきます。また、塗料や溶剤を取り扱う際には、こぼれたり飛散したりしないように注意し、万が一の事故に備えて緊急用の洗浄剤や消火器を準備しておくことが重要です。

作業中は定期的に休憩を取り、長時間の作業を避けることも大切です。長時間の作業は疲労を招き、注意力が散漫になることで事故のリスクが高まります。適度な休憩を挟むことで、集中力を維持し、安全な作業を続けることができます。

最後に、定期的な設備の点検とメンテナンスを行うことで、安全な作業環境を保ちます。換気システムやフィルター、作業台などの設備は、定期的に点検し、必要に応じてメンテナンスを行います。これにより、設備の不具合による事故を未然に防ぐことができます。

自動車塗装のメンテナンスと修理

塗装の維持とメンテナンスの方法

自動車塗装の維持とメンテナンスは、車両の美観を保ち、長寿命を確保するために非常に重要です。

まず、定期的な洗車が基本となります。洗車は汚れや塵を取り除くための重要な作業で、塗装面を保護するために専用のカーシャンプーを使用します。水洗いの際は、柔らかいスポンジやマイクロファイバークロスを使い、優しく洗い流します。強いブラシや研磨剤を含む洗剤は塗装を傷つける可能性があるため避けるべきです。

次に、ワックスやシーラントの使用が推奨されます。これらは塗装面に保護膜を形成し、紫外線や酸性雨から塗装を守る役割を果たします。ワックスは数ヶ月に一度の頻度で塗布し、光沢を保ちつつ塗装の劣化を防ぎます。シーラントはワックスよりも耐久性が高く、長期間にわたり保護効果を発揮します。ワックスやシーラントの選定は、車両の使用環境や塗装の状態に応じて行うと良いでしょう。

また、定期的な塗装面の検査も重要です。小さな傷やチップを早期に発見し、適切に修理することで、大きなダメージに発展するのを防ぎます。小さな傷はタッチアップペイントを使って修復することができます。この際、塗料を薄く重ね塗りし、乾燥させることで目立たない仕上がりにします。深い傷や凹みは専門の修理業者に依頼し、適切な方法で修理してもらうことが推奨されます。

さらに、塗装面の保護には、車両カバーの使用が効果的です。特に屋外での駐車が多い場合、カバーをかけることで鳥の糞や樹液、花粉などの影響から塗装を守ります。高品質な車両カバーを選ぶことで、通気性と防水性を両立させ、車両の保護を最大限に高めることができます。

メンテナンス作業中は常に注意を払い、正しい方法で行うことが大切です。適切な道具と製品を使用し、慎重に作業することで、自動車の塗装を美しく保ち続けることができます。専門家のアドバイスを受けながら、適切なメンテナンスを続けることが、車両の価値を長期間維持する秘訣です。

自動車塗装の修理方法とその技術

自動車塗装の維持とメンテナンスは、車両の美観を保ち、長寿命を確保するために非常に重要です。

まず、定期的な洗車が基本となります。洗車は汚れや塵を取り除くための重要な作業で、塗装面を保護するために専用のカーシャンプーを使用します。水洗いの際は、柔らかいスポンジやマイクロファイバークロスを使い、優しく洗い流します。強いブラシや研磨剤を含む洗剤は塗装を傷つける可能性があるため避けるべきです。

次に、ワックスやシーラントの使用が推奨されます。これらは塗装面に保護膜を形成し、紫外線や酸性雨から塗装を守る役割を果たします。ワックスは数ヶ月に一度の頻度で塗布し、光沢を保ちつつ塗装の劣化を防ぎます。シーラントはワックスよりも耐久性が高く、長期間にわたり保護効果を発揮します。ワックスやシーラントの選定は、車両の使用環境や塗装の状態に応じて行うと良いでしょう。

また、定期的な塗装面の検査も重要です。小さな傷やチップを早期に発見し、適切に修理することで、大きなダメージに発展するのを防ぎます。小さな傷はタッチアップペイントを使って修復することができます。この際、塗料を薄く重ね塗りし、乾燥させることで目立たない仕上がりにします。深い傷や凹みは専門の修理業者に依頼し、適切な方法で修理してもらうことが推奨されます。

さらに、塗装面の保護には、車両カバーの使用が効果的です。特に屋外での駐車が多い場合、カバーをかけることで鳥の糞や樹液、花粉などの影響から塗装を守ります。高品質な車両カバーを選ぶことで、通気性と防水性を両立させ、車両の保護を最大限に高めることができます。

メンテナンス作業中は常に注意を払い、正しい方法で行うことが大切です。適切な道具と製品を使用し、慎重に作業することで、自動車の塗装を美しく保ち続けることができます。専門家のアドバイスを受けながら、適切なメンテナンスを続けることが、車両の価値を長期間維持する秘訣です。

まとめ

自動車塗装のメンテナンスと修理をしっかりと行うことで、愛車の美観と価値を長期間にわたり維持することが可能です。

まず、定期的な洗車は塗装面の維持において最も基本的な作業です。専用のカーシャンプーと柔らかいスポンジを使用して、優しく洗い上げることで、汚れや塵を取り除き、塗装面の劣化を防ぎます。研磨剤を含む洗剤や硬いブラシの使用は、塗装面に傷をつける原因となるため避けることが重要です。

次に、ワックスやシーラントの定期的な塗布が効果的です。ワックスは塗装面に光沢を与え、紫外線や酸性雨から保護する役割を果たします。シーラントはワックスよりも耐久性が高く、長期間にわたる保護効果があります。これらの保護剤を数ヶ月ごとに適切に使用することで、塗装の輝きを保ち、劣化を防ぐことができます。選定する際には、車両の使用環境や塗装の状態を考慮し、最適な製品を選ぶと良いでしょう。

また、塗装面の定期的な検査も欠かせません。小さな傷やチップは早期に発見して修理することで、大きなダメージを防ぐことができます。小さな傷であれば、タッチアップペイントを使って修復できます。タッチアップペイントを使用する際には、塗料を薄く重ねて塗り、乾燥させることで、目立たない仕上がりにすることができます。深い傷や凹みがある場合は、専門の修理業者に依頼し、適切な方法で修理してもらうことが推奨されます。

さらに、車両を屋外に駐車する際には、車両カバーの使用が効果的です。カバーをかけることで、鳥の糞や樹液、花粉などから塗装を守ることができます。高品質な車両カバーを選ぶことで、通気性と防水性を両立させ、車両の保護を最大限に高めることができます。

塗装面の保護には、日常の注意も重要です。例えば、駐車する際にはできるだけ直射日光を避け、木の下や建物の影になる場所を選ぶことで、紫外線や降り注ぐ物質から塗装を守ることができます。また、洗車後にはしっかりと乾燥させ、水滴が残らないようにすることもポイントです。水滴が残ると、乾燥した際にウォータースポットが発生し、塗装面にシミが残る原因となります。

 

よくある質問

Q.事前の見積は可能ですか?
A.はい可能です。
お見積りは無料で行っていますのでお気軽にご相談ください。
LINEでもご相談いただけます。
※車検証のお写真もご一緒にお送りください。

Q.代車は借りれますか?
A.はい可能です。
無料でお貸ししておりますのでお気軽にご相談ください。
お車をお預かりしている期間中に代車が必要な方は、事前にお伝えいただけますとスムーズにご案内可能です。

Q.車検はお願いできますか?
A.はい可能です。
最短2日の車検も承ります。お車の整備点検等も実施いたしますのでご安心ください。「車検証」「自賠責保険証」「自動車税納税証明書」「認めの印鑑」を必ずご持参ください。

Q.修理に納得いかなかった場合はどうなりますか?
A.万一不具合がございましたら修理後3年間保証いたします。
なお、車両保有者に変更があった場合は、その時点で保証補効力は失効いたします。詳しくはお気軽にご相談ください。

店舗概要

店舗名・・・ Body Shop Honda
所在地・・・〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
電話番号・・・ 072-653-5060

会社概要

Company

会社名 有限会社ボディショップホンダ
(Body Shop Honda)
管理代表者 本田 貴宏
所在地 〒566-0052
大阪府摂津市鳥飼本町2丁目9−62
TEL & FAX 072-653-5060 
※不在時は携帯電話に転送いたします
アドレス info@bsh.osaka
営業時間 9:00~19:00
定休日 不定休(土日祝 対応可)
お支払い 各種クレジットカードをご利用いただけます
URL https://bsh.osaka/
BODY SHOP HONDA

国産車・輸入車の凹み修理、板金塗装、カーコーティングのことなら、
私たちボディショップホンダへご依頼ください

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可) 072-653-5060 受付時間:9:00~17:00(土日祝 対応可)

LINE友だち登録で簡単お見積も行っております

Lineで簡単お見積を依頼する Lineで簡単お見積を依頼する

2022- Copyright Body Shop Honda. All rights reserved.